@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベーム=バウェルク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベーム=バウェルク
Böhm-Bawerk(Böhm von Bawerk), Eugen
[生]1851.2.12. ブリュン
[没]1914.8.27. クラムザハ
オーストリアの経済学者。 C.メンガーの限界効用説を受継ぎ,いわゆるオーストリア学派を形成した。インスブルック大学教授を経て,1889年大蔵省参事官として直接税改革を実現させ,95,97~98,1900~04年蔵相をつとめ,財政改革に尽力した。以後ウィーン大学名誉教授。労働価値説を排して限界効用説を主張し,また資本の利子については時差説を説き,さらに資本主義的生産の特徴を迂回生産に求めた。主著資本と利子』 Kapital und Kapitalzins (初版2巻,1884~89,第3版3巻,1909~12,13) ,論文『経済的財価値の基礎理論』 Grundzüge der Theorie des wirtschaftlichen Güterwerts (86) ,『マルクス学説体系の終焉』 Zum Abschluß des Marxschen Systems (96) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーム=バウェルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーム=バウェルクの関連情報

関連キーワード

アメリカズカップカルフーンケルビンリゴレットウィンエイクマンギュツラフケルネルコサンドジョーダン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation