@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベーリング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベーリング
Behring, Emil von
[生]1854.3.15. ハンスドルフ
[没]1917.3.31. マールブルク
ドイツの細菌学者,免疫学者。 1877年ベルリンで医師の資格を得,軍医となり,88年ベルリンの陸軍医科大学講師。 89年ベルリンのコッホ伝染病研究所助手となり R.コッホに師事。翌年北里柴三郎とともに破傷風血清療法創案,90年 12月3日「破傷風抗毒素血清」を共同研究として発表,その1週間後にはベーリング単独でジフテリアの血清療法を公にした。ジフテリア抗毒素は 92年市販された。またヘクスト社が提供した研究所で結核の研究を続け,ウシ結核の免疫ワクチン (ボボワクチン bovovaccine) を創成した。 1901年ジフテリア血清療法の研究に対して,最初のノーベル生理学・医学賞が贈られた。主著『免疫血清療法』 Die Blutserumtherapie (1892) ,『破傷風病原論』 Ätiologie des Tetanus (1904) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーリング
Bering, Vitus Jonassen
[生]1681
[没]1741.12.19.
デンマーク生れのロシアの航海者。 1703年ロシア海軍に入り,24年までバルト海,アゾフ海艦隊に勤務。 25年第1次カムチャツカ遠征隊 (1725~30) 隊長に任じられた。この遠征の目的はアジアとアメリカの間が地峡か海峡かという謎を解決するためで,彼はのちにベーリング海峡と呼ばれる海峡を通過したが,このときにはそれに気づかず,謎を解くことはできなかった。 33年からの第2次カムチャツカ遠征ではシベリアを横断し,カムチャツカに達し,そこから北アメリカ沿岸に到達した (41) 。その間アリューシャン列島の一部を発見したが,その帰途,のちに彼の名で呼ばれることとなる島で越冬中飢餓と寒さのため死没

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベーリング(Emil Adolph von Behring)
[1854~1917]ドイツの細菌学者。北里柴三郎とともに破傷風菌ジフテリア菌抗毒素血清を作製。1901年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーリング(Vitus Jonassen Bering)
[1681~1741]ロシアの探検家。デンマーク生まれ。カムチャツカ探検隊の隊長となり、1728年にベーリング海峡に達し、アジアとアメリカが陸続きでないことを確認した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベーリング【Emil von Behring】
1854‐1917
ドイツの細菌学者。血清療法の創始者として有名。ハンスドルフ(ポーランド)に生まれ,ベルリン大学で医学を学ぶ。卒業後,陸軍軍医となり,1888年にはベルリンの軍医学校教官となったが,翌年,ベルリン大学衛生学研究室に移り,R.コッホの助手となって細菌学の研究に従事。北里柴三郎とともに,ラットを用いて,ジフテリアと破傷風抗毒素血清の単離,同定に成功した。この業績はその後の免疫学に大きな影響を与え,これにより1901年ベーリングはノーベル医学・生理学賞を授与された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベーリング【Vitus Jonassen Bering】
1681‐1741
デンマーク生れのロシアの探検家,航海家。1703年以後,ピョートル1世治下のロシア艦隊に勤務し,24年大尉として分遣艦隊司令に任命された。25年アジア大陸とアメリカ大陸の間の海峡(今のベーリング海峡)有無の確認を目的とする第1次カムチャツカ探検(1725‐30)の隊長をつとめた。その結果が不十分であるとして,33年第2次カムチャツカ探検隊が編成され,その長を命ぜられた。多くの専門家を動員した大規模なもので,シベリア,北氷洋岸,北太平洋の調査と,日本への航路の探検が進められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ベーリング
[一] (Emil Adolf von Behring エミール=アドルフ=フォン━) ドイツの細菌学者。伝染病の血清療法の理論を確立。ジフテリアおよび破傷風の血清療法を開拓した。一九〇一年ノーベル生理学医学賞を受賞。(一八五四‐一九一七
[二] (Ivan Ivanovič Bjering イワン=イワノビチ━) デンマーク生まれのロシアの探検家。一七二八年ベーリング海峡を初めて航行した。(一六八一‐一七四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ベーリング
Vitus Jonassen Bering
1681〜1741
ロシアの探検家
デンマーク生まれ。ピョートル1世の命でシベリア東海岸を探検し,ベーリング海峡を発見。のちカムチャツカ半島を探検し,アリューシャン列島・アラスカを発見した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーリング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーリングの関連情報

関連キーワード

ハイネ安政オレンジ自由国安政地震神奈川条約リーマンナダール津田シュピンナーバチェラー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation