@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペクトゥ(白頭)山脈【ペクトゥさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペクトゥ(白頭)山脈
ペクトゥさんみゃく
Paektu sanchulgi
マチョルリョン (摩天嶺) 山脈とも呼ばれる。北朝鮮の北東部にある山脈。朝鮮半島最高峰で中国との国境にそびえるペクトゥ山 (2744m) から南南東に延び,マチョルリョン峠 (705m) を経て東海岸付近に達する。全般地形はけわしい。北部にはソベク (小白) 山 (2174m) ,プクポテ (北胞胎) 山 (2288m) などの山峰がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペクトゥ(白頭)山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペクトゥ(白頭)山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation