@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペテロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペテロ
Pétros; Petrus
[生]?
[没]64頃. ローマ
十二使徒の一人で,初期キリスト教の指導者。聖人本名 Simeon; Simōn。初代教皇在位 ?~64頃)とされる。もとはガリラヤ湖の湖畔ベツサイダの漁師バプテスマ(洗礼者)のヨハネ弟子だったが,ヨハネがイエス・キリストを神の子と認めた翌日,兄アンデレを通じイエスの弟子となった。ペテロの名は,イエスから与えられた名ケパ(アラム語で「岩」の)のギリシア語訳に由来する。イエスを神の子キリストであると告白し,イエスにより十二使徒中の首位権を認められた。ゼベダイの子ヤコブや使徒ヨハネとともに最も愛された弟子だったが,性格は直情的で動揺しやすかった。イエスが捕えられたとき,師との関係を否認したが,イエスはこれを許した。イエスの復活(→キリストの復活)の最初の証人となり,教会の中心的指導者として活躍。ローマでの布教に際し皇帝ネロ迫害にあって殉教したとされる。祝日 6月29日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペテロ(Petros)
[?~64ころ]イエス=キリスト十二使徒中の第一人者。本名、シモン(Simon)。ガリラヤの漁師であったがイエスの弟子となり、特に信頼されてペテロ(岩、すなわち教会の礎石の意)とよばれ、天国の鍵を託されたという。イエスの死後、パレスチナ・小アジア・ローマで伝道し、ネロ帝の迫害により殉教したという。ローマ教会初代の教皇とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ペテロ
円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。月怪獣。初登場作品は『ウルトラセブン』。身長60メートル、体重7万トン。月に棲むザンパ星人が操る怪獣。地球防衛軍月基地を破壊した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペテロ【Peter】
1世紀半ばの,初代キリスト教におけるイエスの弟子のうち最重要の人物。ヘブライ名はシメオン(《使徒行伝》15:14),アラム名はケファで,これが〈岩〉を意味するところからギリシア名のペテロ(正しくはペトロスPetrosで,〈岩〉をさすギリシア語のペトラが男性形化されたもの)が与えられた。《マタイによる福音書》16章17~19節によれば,イエス自身によってこの名が与えられたとされているが,イエスの呼びかけの言葉の中にペテロの名がまったく出ないため,イエスの死後のペテロの権威化とも考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペテロ
ぺてろ
Petros
(?―60ころ)

イエスの十二使徒の筆頭。教会の最初の指導者。『新約聖書』の「福音書(ふくいんしょ)」および「使徒行伝(ぎょうでん)」に彼に関する記述があるが、かならずしも史的に厳密ではない。『新約聖書』のなかの「ペテロの第一、第二の手紙」は彼のものではない。彼の元来の名はシメオン(シモン)。初めガリラヤで漁業に従事していたが、同地方を巡回していたイエスに出会い、その群れに加わった。イエスの死後まもなく、一種の幻視体験で復活者イエスに接したことから、イエスに対する信頼を新たにし、他の弟子たちの先頭にたってエルサレム教会を組織し、伝道に励んだ。このときから彼は、教会の土台としての岩という意味で、ペテロ(ギリシア語の岩=ペトラを男性化した名前。アラム語ではケパ)との呼び名を得たものと思われる。イエスに傾倒していた彼は律法に対して比較的自由な立場をとったため、ユダヤ王アグリッパ1世の迫害にあい、それ以後はエルサレム教会を離れて、ローマ帝国東半の各地で主としてユダヤ人に伝道した。最後はローマで活動し、ネロ皇帝の下で殉教したと伝えられる。彼はどちらかといえば素朴な人物であったらしく、思想的に大きい影響を残した形跡はない。しかし、イエスにより教会の岩とされ、天国の鍵(かぎ)を授けられた(「マタイ伝福音書」16章)という理由から、彼は古代教会以来、ことにローマ・カトリック教会で、使徒たちのなかでも特別に重要視された。ローマ教皇は彼の後継者とされている。

[佐竹 明]

『O・クルマン著、荒井献訳『ペテロ 弟子・使徒・殉教者』(1965・新教出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペテロ
(Petrus)⸨ペトロ⸩ 新約聖書の十二使徒の第一人者。前名はシモン。漁夫であったがイエスの信頼をうけ、ペテロ(巖の意)の名を与えられた。キリスト受難に際して逃亡するが、のち回心し、伝道にあたり、ネロの迫害を受けて殉教したという。ローマ教会初代の教皇とされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ペテロ
Petros
?〜67ごろ
イエスの12使徒の筆頭
ユダヤ名はシモン。もとガリラヤの漁夫で,キリストの弟子になってペテロ(岩)と呼ばれた。最初に復活を信じ,イェルサレムに教会を建て,ユダヤ人に伝道したのち,ローマに行ったとされ,ネロの迫害で殉教したという。ローマ教皇はペテロの地位を継ぐものとされている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペテロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペテロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation