@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペテーフィ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペテーフィ
Petöfi Sándor
[生]1823.1.1. キシュケーレシュ
[没]1849.7.31. フェヘールエジハーザ
ハンガリーの詩人。貧窮のために 15歳で家を出て,旅役者一座に加わったり,軍隊に入ったりした。この間,各地の民謡に触れ,その素朴で直截な表現を自分のものにした。作品はチョコナイらのハンガリー詩の伝統の頂点に立ち,特に『9月の終りに』 Szeptember végén (1847) などの恋愛詩に彼の真価が現れている。 1848年3月 15日ブダペスト市民蜂起の先頭に立ち,『民族の歌』 Nemzeti dalを朗読。革命に参加し,革命をうたう国民人として民衆敬愛を集めたが,戦場で短い生涯を終えた。代表作,処女詩集『詩集』 Versek (44) ,叙事詩『勇士ヤーノシュ』 János vitéz (45) ,抒情詩『雲』 Felhök (46) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペテーフィ(Petōfi Sándor)
[1823~1849]ハンガリーの詩人。青年ハンガリー党運動の指導者として民衆を鼓舞し1948年の革命蜂起を指導するが、その翌年オーストリアとの独立戦争戦死した。詩集「ただ一つのことが気にかかる」、長編叙事詩「英雄ヤーノシュ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペテーフィ【Petöfi Sándor】
1823‐49
ハンガリーの詩人。ハンガリー平原のキシュケーレシュで小商人の父と女中の母の間に生まれる。各地の学校を転々とし,やがてシェムレツの高校で自主サークル活動や劇場通いに熱中し,試験に落第する。そのため父から勘当され,放浪生活が始まる。初め旅役者の一座に加わり,その後2年ほどの軍隊体験の後,短期間学業生活に戻るが,再び旅役者としてハンガリー平原の町を巡回する。その間書きためた詩を持って,詩人ベレシュマルティを訪ね,彼の推薦で《詩集》(1844)を刊行

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペテーフィ
ぺてーふぃ
Petőfi Sándor
(1823―1849)

ハンガリーの詩人。小商人の息子として生まれ、教育熱心な父の方針により各地の学校を転々としたが、やがて旅役者の一座に身を投じた。短い軍隊生活ののち復学するが、家の没落などでふたたび旅の一座に加わり、ハンガリー平原を放浪する。この間の作品を、詩人のベレシュマルティの援助で『詩集』(1844)として発表、民衆のなかで学んだ素朴な民謡風の詩は多くの人の心をとらえ、一躍文名をはせた。『アルフェルド』(1844)など郷里のハンガリー平原と家族への思いを歌った詩や、のちに妻となる女性を歌った『九月の終りに』(1847)などの恋愛詩は比類ない叙情詩として人々に愛された。また、保守主義者を風刺した『パトー・パールさん』(1847)などの作品、さらにハプスブルク政権に抗議する『王たちを絞首台に!』(1848)などの詩を発表。民族的自由を渇望するこれらの詩は、当時のハンガリーの民族意識の高揚の機運と相まって、彼の人気は真に国民的なものとなった。独立戦争のきっかけをなした1848年3月15日のブダペスト市民蜂起(ほうき)の際、彼は自作の詩『起て、マジャル人!』を市民の前で朗読し、独立戦争に参加したが、翌年の敗戦直前、シェゲシュバール付近の戦場で倒れた。ときに26歳。ほかに民話風の長編叙事詩『勇士ヤーノシュ』(1844)が有名であり、現在もオペレッタとして上演されている。

[岩崎悦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペテーフィ
(Petöfi Sándor ━シャーンドル) ハンガリーの詩人。ハンガリー独立戦争に際し「起て、マジャール人」を書いて民衆を鼓舞した。(一八二三‐四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペテーフィ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペテーフィの関連情報

関連キーワード

ベートーベンミツケーウィチウェーラークーパー荘厳ミサ曲モリソン木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation