@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペナント

デジタル大辞泉

ペナント(pennant)
細長い三角形の小旗。特に、大学や団体などの標章をつけたもの。
優勝旗。多く、野球でいう。また転じて、優勝。「ペナントを争う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペナント【pennant】
小型で細長い三角形の。先端が燕尾(えんび)状に割れているもの,細長い短冊(たんざく)状のものもペナントという。ペンダントpendant(ペナントと同義に使う場合もある)とペノンpennonの混合した語と思われる。ペンダントは船の帆桁マストに掲げる旗で,商船の旗旒(きりゆう)信号では国際信号書に旗の大きさ,信号符字の構成,信号法などが定めてある。ペノンは行進中の騎士による事故防止と武勇誇示のために,各自が槍につけた三角形の小旗である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ペナント
〘名〙 (pennant) 細長い三角形の小旗。
(イ) 大学の校章などをつけたものなど。
※吊籠と月光と(1930)〈牧野信一〉「これも壁に “WASEDA” のペナントの下に」
(ロ) 優勝旗。特に野球のものをいう。転じて、優勝、覇権の意。
※米国見物(1910)〈正岡芸陽〉奇抜な歓迎会「野球は本年又もやアメリカン、リーグの覇者となりペナント(長旒)を得た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペナント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペナントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation