@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペペロミア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペペロミア
Peperomia
コショウ科のサダソウ属総称で,一年草または多年草。アジア,南アメリカの熱帯亜熱帯に約 500種ほどある。は対生,互生または輪生し,全縁で多肉である。花は細長い尾状の花序に花被のない両性花を密生し,黄緑色で目立たないが,多数の花穂を林立させるものが多く,多肉の葉とともに観賞用とされる。果実は小さな液果。日本では四国,九州,沖縄など西南日本にサダソウ P. japonicaがあり,海に近い林の岩上に生える。全体に細毛があり,茎は丸く,葉は輪生し,花穂は直立して小花をつける。小笠原にはシマゴショウ P. boninsimensisがあってやはり樹上や岩上に着生し,高さ 20cmほどで厚い卵形の葉を対生する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペペロミア(〈ラテン〉Peperomia)
コショウ科ペペロミア属(サダソウ属)の多年草の総称。葉は心臓形で、白い縞模様のものなどがある。花は円筒形の花穂につく。熱帯アメリカなどに産し、観葉植物とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペペロミア【Peperomia】
コショウ科サダソウ属Peperomiaの常緑多年草または一年草で,熱帯~亜熱帯地域を中心に約1000種が分布するが,観葉植物として栽培されるのは,熱帯アメリカ原産の多年草である。花は細長い棒状の穂状花序で,多数の花をつけるが,花被はなく,観賞価値は低い。花後は粘着性のある小さい液果をつけ,中に1種子を含む。ペペロミア・オブツシフォリアP.obtusifolia (L.) Dietr.は茎が立性でジグザグ状に伸び,鈍光沢のある濃緑色,多肉質葉を互生する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペペロミア【Peperomia】
コショウ科ペペロミア属の植物の総称。熱帯から暖帯にかけて約1000種が分布。多くは常緑の多年草。葉は多肉質で、色や形の美しいものを観葉植物として温室で栽培する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペペロミア
ぺぺろみあ
[学]Peperomia
コショウ科(APG分類:コショウ科)ペペロミア属の総称。多肉質の草本で、多くは常緑多年草であるが、一年草もある。アメリカ大陸を中心に、熱帯から亜熱帯に1000種以上分布し、その多くは着生種である。以下の各種がよく栽培される。オブツシフォリアP. obtusifolia A.Dietr.はベネズエラ、西インド諸島原産。葉は卵円形で多肉質。葉に黄色または黄白色の散斑(ちりふ)が入るグリーンゴールドcv. Green goldとともに、観葉植物として栽培される。カペラータP. caperata Yunckerはチヂミバシマアオイソウともいう小形種で、葉は卵円形で、縮緬(ちりめん)状になり、暗緑色。ワリエガータcv. Variegataは、葉は白色または淡紅色の縁どりとなる。ホワイトエメラルドcv. White emeraldは白、灰白、淡紅色が不規則に入る斑(ふ)入り種で、変異が多く、レッドリップル、ニグラ、ナナなどの品種がある。シマアオイソウP. argyreia (Miq.) E.Morr.は葉の縞(しま)模様からウォーターメロン・ペペロミアwatermelon peperomia(スイカペペロミアの意)ともいい、ブラジル南部原産。明治の中ごろに導入された。セルペンスP. serpens (Sw.) Loud.と、その斑入り種cv. Variegataは茎は匍匐(ほふく)性でよく伸び、吊(つ)り鉢に向く。四国、九州の南部にはサダソウP. japonica Makinoが分布するが、観賞価値はない。
 本属の植物は葉挿し繁殖が可能であるが、斑入り種は、茎挿しか株分けでないと斑が消失することがある。テラリウムや寄せ植えなど、室内園芸にも向き、ミニ観葉植物として優れている。[高林成年]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペペロミア
〘名〙 (Peperomia) コショウ科サダソウ属の植物の総称。常緑の小草本。温帯から熱帯に約五〇〇種が分布。種類による形の変異が多く、観葉植物とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペペロミア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペペロミアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation