@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペルオキソクロム酸塩【ぺるおきそくろむさんえん】

世界大百科事典 第2版

ぺるおきそくろむさんえん【ペルオキソクロム酸塩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ペルオキソクロム酸塩
ペルオキソクロムサンエン
peroxochromate

高酸化数のCrのペルオキソ錯体には,たとえば,CrのM3[Cr (O2)4],CrのM2[Cr2O2(O2)5],M[CrO(O2)2OH](M = K,NH4,TIなど),CrのN配位子を含む比較的安定な混合錯体などがある.【】M3[Cr (O2)4](M = K,Na,NH4など):正式名テトラキス(ペルオキソ)クロム(Ⅴ)酸塩[CAS 12526-97-5].K3CrO8(297.27);Cr O8の濃水溶液に過剰のKOHを加え,氷冷して,H2O2を加えると得られる.同様な手法で,Na,NH4塩なども得られる.K塩は,赤~赤褐色の正方晶系柱状晶.[CrO8]3- は,Cr原子のまわりに4個の O22- が正四面体型に位置して,それぞれがキレート二座配位し,計8個のO原子は正十二面体型に配置している.Cr-O約1.87,1.97 Å,O-O約1.47 Å.∠O-Cr-O約46°(キレート環),90~95°(異 O2 間),∠Cr-O-O約71,64°.常磁性で,不対電子1個をもつ.室温では安定だが,加熱すると分解し,さらに高温では爆発することもある.冷水には難溶.水溶液に酸を加えると Cr錯体にかわって青変し,これはエーテルで抽出可能である.

   [Cr(O2)4]3- + 2H + H2O →

】M2[Cr2O2(O2)5](M = K,NH4など):正式名は,ジオキソペンタキス(ペルオキソ)二クロム(Ⅵ)酸塩[CAS 12331-76-9].M[CrO(O2)2OH]と書くこともある.二クロム酸塩(K,NH4塩など)の弱酸性塩酸水溶液にH2O2を加えるか,エーテル中でCrO3とH2O2とをまぜ,これにKOH(またはNH3など)のエタノール溶液を加えて反応させると生成する.固体には,-O-O-または-OOHが含まれると思われるが,構造は明らかでない.反磁性の暗紫青色の不安定な固体.加熱,衝撃,濃硫酸添加などで爆発する.水に可溶.水溶液は紫色を呈する.酸性水溶液からこの着色物をエーテルで抽出できる.室温の空気中では固体は徐々に分解して二クロム酸塩にかわる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルオキソクロム酸塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルオキソクロム酸塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation