@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペルシア暦【ペルシアれき】

世界大百科事典 第2版

ペルシアれき【ペルシア暦】
イランで用いられている太陽暦イラン暦とも呼ばれる。現在イランでは,イスラム世界全域で用いられているイスラム太陽(ヒジュラ暦)のほかに,イスラム太陽暦が併用されている。この暦は,紀元元年はヒジュラ暦と同じ622年であるが,春分の日を元日(ノウルーズNourūz)とするイラン古来の暦に基づく独自のものである。ペルシア暦の基礎は,《ルバーイヤート》の作者で,同時に天文学者・数学者のウマル・ハイヤームによって定められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペルシア暦
ぺるしあれき

ペルシアで行われる暦。紀元前500年ごろにエジプトから導入したとされ、セルジューク・トルコがペルシアを支配した1079年に改暦が行われた。エジプト暦と同様に太陽暦で、30日の月を12か月、別に付加日5日を置き、1年は365日である。1年は春分に始まるが、年首をつねに春分に置くことに努力した。そのための置閏(ちじゅん)法として、4年ごとに6日の余日を置き、これを6回、7回、あるいは8回繰り返し、次には5年目に一度6日の余日をもつ年を置く。つまり29年(=6×4+1×5)間に7回(=6+1)の閏(うるう)年を置くか、33年(=7×4+1×5)間に8回(=7+1)の閏年を置くか、37年(=8×4+1×5)間に9回(=8+1)の閏年を置いた。これら3種の置閏法のいずれを行ったか、また置閏周期の何年目に閏年を置いたかは明らかでない。いま33年周期のもの7回と37年周期のもの1回、合計268年(=33×7+37)周期に65閏年(=7×8+1×9)を置くような置閏法によると、1年の平均日数は365.242537日となる。なお、現行ペルシア暦は前半の6か月はすべて30日とし、4年ごとに第12月のあとに1日を挿入して31日とする。暦日は夕方から始まる。イスラム教の行事用にはイスラム暦が使われる。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルシア暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルシア暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation