@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペルシア湾【ペルシアわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペルシア湾
ペルシアわん
Persian Gulf
イラン南西部とアラビア半島の間に横たわるインド洋付属海アラブ諸国ではアラビア湾という。沿岸にイラン,イラククウェートサウジアラビアカタールバーレーンアラブ首長国連邦オマーンの諸国がある。イラクの南東部を流れるシャットルアラブ川河口から,南東方のホルムズ海峡まで全長約 990km,幅 55~340km。面積約 24万1000km2。水深は浅く,110mをこえる箇所も局所的にはあるが,90m以上の水深はごくまれである。海底地形は湾央軸を境に非対照的であり,イラン側は構造的に不安定で,傾斜が大きい。相対的にアラビア側はゆるやかである。湾奥とイラン側の海底は泥で,アラビア側は砂または泥質砂によって覆われている。気候は一般に高温多湿。降水量は年平均 294mm。古代からメソポタミアインドを結ぶ重要な海上交易路。バーレーン島付近の浅海は古来真珠の産地。20世紀以後ペルシア沿岸および海底で石油資源の開発が進み,世界有数の産油地域に発展した。1980~88年のイラン=イラク戦争ではタンカーの航行障害が世界的な注目を集め,1991年には湾岸戦争の舞台となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペルシア‐わん【ペルシア湾】
アラビア半島イランに囲まれた湾。東はホルムズ海峡オマーン湾アラビア海に通じる。湾岸および海底は石油天然ガスに富む。アラビア湾。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペルシアわん【ペルシア湾 Persian Gulf】
イラン高原とアラビア半島との間にある湾。アラビア語でバフル・アルファーリスBaḥr al‐Fāris,あるいはハリージュ・アルアラビーKhalīj al‐‘Arabī(〈アラビア湾〉の意),ペルシア語でハリージェ・ファールスKhalīj‐e Fārsという。現在,湾岸にはイランのほかにアラブ系のイラク,クウェート,バーレーン,カタル,アラブ首長国連邦の諸国がある。現代においてはホルムズ海峡を境に東側をオマーン湾,西側をペルシア湾と呼んで区別しているが,10世紀のアラブの地理学者マスウーディーによると,当時のペルシア湾はオマーン湾を含む海域と考えられていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペルシア湾
ぺるしあわん
Persian Gulf
南西アジアにある広大な湾。アラビア半島の北東岸とイランの南西岸によって画され、東端はホルムズ海峡を経てオマーン湾へと通じる。ペルシア語ではハリージェ・ファールスKhalj-e Frsといい、アラブ諸国はアラビア語で「アラビア湾」の意ハリージュ・アル・アラビーKhalj al-‘Arabを慣用する。長さ約900キロメートル、幅250~350キロメートル、面積約23万9000平方キロメートル。水深は最大170メートルに達するが、山地が海に迫っているイラン側が、砂浜の広がるアラビア半島側に比べて深い。北西端のシャッタル・アラブ川の河口付近には三角州の発達がみられる。水温は平均24℃、8月には32℃にも達し、表面塩分は平均約37、水域によっては約40を示す。湾岸にはイランのほか、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタールおよびアラブ首長国連邦がある。
 古くから天然真珠の採取や漁業が営まれてきたが、20世紀に入ると湾岸や海底で相次いで油田が発見され、世界的な産油地帯として注目されるようになった。ラス・タヌラ(サウジアラビア)、ミナ・アル・アハマディ(クウェート)、ハル・アル・アマヤ(イラク)、ハールク島(イラン)などの石油積出し港がある。天然ガスの開発も進み、石油、天然ガスを原燃料とし、それらの販売、採掘利権料収入を資金とした工業化も湾岸各地で進んでいる。エビ、イワシ、マグロなどの水産資源も豊富。[末尾至行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペルシア‐わん【ペルシア湾】
アラビア半島とイランに囲まれた湾。インド洋の付属海で、ホルムズ海峡により、オマーン湾を経てアラビア海に連なる。湾岸および海底は石油・天然ガスに富む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルシア湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルシア湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation