@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペルセフォネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペルセフォネ
Persephonē
ギリシア神話の女神。ラテン語名をプロセルピナという。ゼウスデメーテルの娘で,オルフェウス教の神話によれば,ゼウスと父子姦し,ザグレウスを生んだとされる。母とともに地上で暮していたが,ゼウスは彼女を冥界の王ハデスにしようと計画し,ハデスをそそのかして,花を摘んでいた彼女を地下界にさらっていかせた。このことを怒ったデメーテルは,神界を去り,人間界を放浪した末にエレウシスのケレオス王の館に逗留し,この王に命じて建てさせた神殿の中に隠遁して世界を飢饉に陥れたので,困惑したゼウスは,ハデスに命じペルセフォネを母のもとに返させた。しかしハデスはペルセフォネに冥界を離れる前にざくろの粒を食べさせたので,死者の国の食物を食べた彼女は,地下界と縁を切ることができなくなり,結局ゼウスの調停により,彼女は以後1年の1部を地下界でハデスの妃として過し,残りの期間は上界で母と一緒に暮すことになった。この妥協を受入れたデメーテルは,オリュンポスに帰る前に,エレウシスに自分とペルセフォネを主神とする有名な密儀を創設し,これに入信する者は死後の世界で幸福が得られることにしたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペルセフォネ(Persephonē)
ギリシャ神話で、冥府(めいふ)の女王ゼウスデメテルの娘で、単にコレ(娘)ともよばれる。野で花を摘んでいたところを冥の王ハデスに誘拐され、その妃となった。ローマ神話のプロセルピナにあたる。ペルセポネ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペルセフォネ【Persephonē】
ギリシア神話で,冥府の王ハデスの妃。ゼウスと穀物豊穣の女神デメテルの娘。ニュサ(神話上の架空の地名)またはシチリア島エンナの野で花を摘んでいたとき,彼女を見初めたハデスにさらわれ,地下の冥府へ連れ去られた。このため母神が娘の行方をたずねて世界中をさまよううち,地上に五穀が実らなくなったので,ゼウスの仲介により,彼女は春から秋までは天上で母神と,残りは地下で暮らすという条件で,冥府の女王になったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペルセフォネ【Persephonē】
ギリシャ神話の女神。ゼウスと穀物の女神デメテルとの娘。冥界の王ハデスにさらわれ、その妻となった。コレー(「娘」)とも称され、デメテルとともにエレウシスなどのギリシャ各地の秘教の崇神とされる。ペルセポネ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペルセフォネ
ぺるせふぉね
Persephone
ギリシア神話の冥界(めいかい)の女王。ゼウスとデメテルの娘。ペルセフォネに恋した冥界の王ハデスは、彼女を地下の国へ引きさらっていき妻とした。デメテルはようやくのことで娘の居場所を探し当てるが、そのときすでに冥界のザクロを口にしていたペルセフォネは地上に戻ることができない。そこでゼウスが仲裁に入って、1年の3分の1を地下の夫のもとで、残りの3分の2を地上で過ごすことに決めた。これは蒔(ま)かれて(地下に隠れて)のち春に芽を吹いて甦(よみがえ)る穀物霊の神話である。彼女はデメテルとともに母子神として、エレウシスをはじめ各地の秘教で崇拝され、コレ(乙女(おとめ)神)あるいは二柱の神とよばれて本名をよぶことさえ恐れられた。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルセフォネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルセフォネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation