@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペルティナクス

世界大百科事典 第2版

ペルティナクス【Publius Helvius Pertinax】
126‐193
ローマ皇帝。在位193年。解放奴隷の子として生まれたが,アントニヌス・ピウス帝,マルクス・アウレリウス帝の治下で軍務の高職に就き,コンモドゥス帝の下でブリタニアの勅任知事となる。192年コンスルに就任。コンモドゥス帝が暗殺された後,彼は皇帝に推された。元老院との和解に努め,財政秩序の回復に尽力したが,過度な綱紀粛正策のために側近の反感をかい,暗殺された。在位期間は3ヵ月にすぎなかった。【本村 凌二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

ペルティナクス
生年月日:126年8月1日
ローマ皇帝(在位193.1.〜193.3.)
193年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルティナクス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルティナクスの関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクス山田哲人国際連合コンモドゥスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査セプティミウス・セウェルス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation