@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペレット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペレット
pellet
もともとは,微精鉱を結合剤を用いて団塊状に固めた溶鉱炉の装入原料を意味した (→ペレタイジング ) 。しかし,最近では,家畜やペットの飼料プラスチック成形材料,原子炉核燃料要素,皮下に植える性ホルモンの小錠剤など,さまざまな分野で,球形または円柱形に固めた造粒物をペレットと呼んでいる。原料効率を改善するほか,容積が小さくなるので輸送貯蔵などの取扱いも便利になる利点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペレット(pellet)
《小球の意》
注射によって皮下などに植え込む小さな錠剤。植え込み錠。
小さい銃弾。
塊状にした飼料。魚の養殖などで用い、分離しにくいため水質を汚すことが少ない。モイストペレット。
銑鉄などの原料とする微粉状の鉱石を固めた小粒。特に、原子炉燃料となる二酸化ウランなどの粉末を焼き固めたもの(燃料ペレット)。また、成形加工原料としてのプラスチックの小球。
燃料にするために廃材・間伐材を固めたもの。木質ペレット。
フクロウなどが、消化できない骨・羽・毛などをまとめて吐き出したかたまり。ペリット

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

ペレット
おが粉等を15mm程度の小さな円筒状に成形したもので、ストーブ・ボイラーの燃料として使用。

出典:農林水産省

岩石学辞典

ペレット
卵形から卵形に近い形をなし,石灰岩の構成物を作る粒で,一般にシルトから粗粒砂の大きさ程度の粒.組成はミクライト(micrite)質で特定の構造をもたない.しばしば,藻類の活動など他の作用の際のかす(fecal)が起源で形成されたらしい[Bissell & Chilingar : 1967].かす(fecal)とは排泄物や(り)のことである.バサーストは,ペレットはかす(fecal)を残しているべきで,一方ペロイド(peloid)は起源に関係なく同じ構造に用いるべきであるとしている[Bathurst : 1971].堆積物質の小さい丸みを帯びた集合体であって,泥質または石灰質の基質中に同じような物質からなるペレットが散在する時にペレット構造(pellet structure)を示すという.この際のペレットは普通は0.1~0.3mm程度の大きさである[木村ほか : 1973].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ペレット
 固形飼料ともいう.成形して粒状にした飼料.粉塵が出にくく,取扱いに便利.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぺれっと【ペレット】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ペレット
〘名〙 (pellet)
① 皮下に埋め込む小さな杆状または卵形の錠剤。多く、ステロイドホルモン剤を圧縮したもの。
② 銃弾。弾丸。
③ ペレタイジングによってできた団子状の原料。高炉に入れて銑鉄をつくる。また、特に、原子炉の燃料棒の材料とする酸化ウランの粉末を固めたものや、成形加工原料としてのプラスチックの小球などをもいう。
④ フクロウなどの肉食鳥が消化できない毛・羽・骨などを吐き出した小さなかたまり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペレット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペレットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation