@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペロプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペロプス
Pelops
ペロポネソス半島の呼び名のもととなったギリシア神話の英雄。リュディアの王であったタンタロスの息子で,父によりこまぎれに料理されて神々に供されたが,娘ペルセフォネを失った悲嘆のあまり,気づかずに肩の部分を食べてしまったデメーテル以外の神々は,このごちそうの正体を見抜き,肉片を集めてまたペロプスを復活させ,なくなった肩の代りには,象牙製の肩をつくってやった。このあとペロプスは,ポセイドンに愛され,天上にさらわれてその酌童をつとめ,報酬に神から有翼の馬を与えられ,そのおかげでピサオイノマオス王との命がけの戦車競争に勝ち,ヒッポダメイアを妻に得ることができた。ミケーネを舞台に,兄弟同士で残酷無比な争いを演じたアトレウステュエステスは,この夫婦の子である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぺろぷす【ペロプス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペロプス
ぺろぷす
Pelops

ギリシア神話の英雄。リディアの王タンタロスの子。タンタロスは神々の寵児(ちょうじ)であったが、神の全知を試そうとわが子ペロプスを殺して料理し、神々に供した。神々はこれに気づいたが、デメテルだけはうっかり肩の部分を食べてしまった。しかし神々が彼を蘇生(そせい)させ、象牙(ぞうげ)で肩を補ったために彼の子孫は白い肩をもつとされた。

 ペロプスは、ピサの王オイノマオスの娘ヒッポダメイアに求婚する。しかし、アレスの神馬を駆る王に戦車競走で勝たないと婿になれないので、彼は王の御者ミルティロスを買収して王の戦車の車軸に蝋(ろう)を使わせる。王の戦車はたちまち壊れ、王は手綱に引きずられて死ぬが、そのときペロプスたちに呪(のろ)いをかける。さらにペロプスは、ミルティロスに約束の褒美(ヒッポダメイアとの一夜の契りと王国の半分)を与えるどころか謀殺し、彼からも呪いを受ける。ペロプスは王国を手に入れ、近隣を制圧してこの半島をペロポネソス(ペロプスの島)と名づけた。また彼は、戦車競技を記念してオリンピア競技会を創始したとも伝えられる。

 ペロプスへの呪いは子孫の代において実現され、息子のアトレウスとティエステスは兄弟で骨肉相食(あいは)む王位争いを演じ、孫のアガメムノンは妻に殺される。

[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペロプスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation