@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペロポネソス戦争【ペロポネソスせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペロポネソス戦争
ペロポネソスせんそう
Peloponnesian War
前 431~404年のアテネスパルタ二大強国間のギリシアを2分した抗争。アテネ帝国の発展が多くのギリシア諸市の自治を破壊しあるいは脅かすにいたり,みずからの地位への脅威を感じたスパルタは,同盟諸国の要請もあり,前 431年アッチカに侵入,開戦となった。前半は「アルキダモス戦争」とも呼ばれ,戦いはアテネ側の2倍の重装歩兵 (ホプリタイ ) を擁するスパルタ側が陸から包囲したのに対し,圧倒的な海軍力を誇るアテネはペリクレスに従い籠城して戦った。途中,アテネは悪疫の流行で人口の4分の1とペリクレスを失うという打撃を受けながら,戦局を有利に展開し,前 421年緊張は依然として続いていたが,戦前の秩序維持を旨とした「ニキアスの平和」が成立した。前 415~413年にアテネはシチリアに空前の大遠征軍を送り,シラクサを攻撃したが,壊滅的敗北を喫した。この敗北は戦争全体の帰趨を決した。この機に乗じたスパルタはアテネ国内のデケレイアを占領して基地とし,アケメネス朝ペルシアの援助を得てペロポネソスの艦隊を増強し,アテネの糧道を脅かしはじめた。アテネ国内でも政治的対立が生じ,前 405年のアイゴスポタモイの戦いでアテネ艦隊は全滅し,翌年アテネは降伏した。ほぼ 30年にわたったペロポネソス戦争の結果,アテネのギリシア統一の野望は破れ,エーゲ海地域からシチリアにいたるギリシア諸国家は,戦争とあつれきによって引裂かれ,国力は衰退し,その打撃からほとんど回復しえなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ペロポネソス戦争
紀元前431年~同404年、都市国家であるスパルタとアテナイが古代ギリシャを二分して覇権を争った戦い。ペルシャの脅威に備えて結成した「デロス同盟」の盟主だったアテナイは、その立場を使い勢力を広げ、前5世紀に海洋帝国を築く。前世紀から覇権を握っていたスパルタが反発し、「ペロポネソス同盟」を率いて対抗した。スパルタが勝利したが、ギリシャ全体の衰退を招くことになった。
(2014-05-19 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ペロポネソス‐せんそう〔‐センサウ〕【ペロポネソス戦争】
前431~前404年、アテネを中心とするデロス同盟スパルタを中心とするペロポネソス同盟との間に行われた戦争。ペルシアの援助を受けたスパルタ側の勝利に終わったが、戦争による痛手から、ギリシャ全体が衰退に向かった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペロポネソスせんそう【ペロポネソス戦争】
前431年から前404年にかけて,アテナイを盟主とするデロス同盟と,スパルタを中心とするペロポネソス同盟とが,古代ギリシア世界を二分して戦った大戦争。
[原因と経過]
 前435年,ギリシア本土北西岸の植民市エピダムノスの党争をきっかけにコルキュラとコリントスが対立し,前433年,両市の戦いに際しアテナイがコルキュラ救援軍を送ったことにより,アテナイとペロポネソス同盟の有力市コリントスとが争うようになったのが戦争の直接の原因であるが,ペリクレスの指導の下にデロス同盟の盟主としてギリシア随一の勢いを示すアテナイに対し,スパルタが不安と反感を抱くにいたったところに,その遠因があったと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペロポネソスせんそう【ペロポネソス戦争】
紀元前431年から前404年まで、アテネとスパルタがギリシャ世界を二分して覇権を争った戦争。スパルタの勝利に終わったが、ギリシャ全体の衰退への転機となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペロポネソス戦争
ぺろぽねそすせんそう
紀元前431~前404年、ギリシアのアテネ陣営とスパルタ陣営との間に戦われた戦争。
 前5世紀初めのペルシア戦争の過程で前478/477年に成立した第一次アテネ海上同盟(いわゆるデロス同盟)は、前6世紀後半以降スパルタを盟主として成立していたペロポネソスPeloponnesos同盟に対抗するアテネの「力の政策」の所産であった。このような二大陣営の出現は、従来のギリシア国際政治の環境に重大な変化をもたらし、陣営外にある弱小国の局地的問題を国際紛争にまで増幅させる要因を当初からはらんでいた。前5世紀なかばにおける両陣営のこのような形の対立は、前446年の「30年和約」によって、本格的な正面衝突を回避することができたが、前433年にアテネがコルキラ支援の海軍を派遣し、その翌年にはポテイダイアに出兵してペロポネソス同盟の有力メンバーであるコリントの激しい反発を誘ったことが導火線となって、ペロポネソス同盟は前431年アテネとの開戦に大きく傾いた。
 同年初め、テーベがプラタイアイの内紛に武力介入して両陣営の正面衝突が必至となるや、アテネの指導者ペリクレスは国土荒廃の犠牲を賭(と)しても海軍力による攻勢をとる戦略から、田園の住民を市域の城壁内部に強制疎開させた。はたして同年初夏の穀物が実るころ、スパルタ王アルキダモスの率いるペロポネソス同盟軍がアテネの領土に侵入して戦端が開かれた。翌年も続いて敵軍の侵入を受けた直後、強制疎開で狭い市域に人口が集中して非衛生な生活を余儀なくされていたアテネ住民の間に悪疫が流行し始め、前429年にはペリクレス自身も病没するなど、全市民の実に3分の1がその病魔の犠牲となったといわれる。帝国支配を放棄できないアテネとしてはペリクレス没後も彼の戦略を継承するほかなく、民衆扇動家として悪名高いクレオンはそうした意味でペリクレスの忠実な後継者であった。前425年にこのクレオンの積極作戦が奏功して、ペロポネソス半島南西部ピロス湾岸の小島スファクテリアでスパルタ軍を投降させ、スパルタはその国家体制の体質的弱点であるヘイロタイの反乱の再発を恐れて平和を望み、連年繰り返してきたアテネ領侵入も中断するに至った。だがアテネはキテラ島攻略など、なおいっそう積極攻勢に出たので、スパルタの将ブラシダスはアテネ陣営同盟諸国の切り崩しをねらって北ギリシアに作戦を展開、相当の成功を収めた。前422年アンフィポリスの戦いでクレオン、ブラシダスがともに戦死して、翌年「ニキアスの平和」とよばれる休戦条約が両陣営間に結ばれた。
 だが、この平和は長くは続かず、交戦と外交戦略が展開されるなかで、アテネはアルキビアデスの積極拡大政策をいれて前415年にシチリア遠征を敢行したが、2年後に遠征軍は壊滅した。その後はペロポネソス同盟軍が恒常的にアテネ領の一角を占領するとともに、ペルシア提供の軍資金で海軍力を増強してイオニア方面の海域に出動し、アテネ陣営同盟諸国の離反を誘った。帝国支配がすでに有名無実と化していたアテネは、前405年のアイゴスポタモイの戦いに敗れて制海権を完全に失い、翌年スパルタに降伏した。アテネ市の徹底破壊を主張するコリント、テーベの意向を抑えて、スパルタは長城の撤去、大半の軍船の引き渡し、デロス同盟の解体を降伏の条件とした。[馬場恵二]
『トゥーキュディデース著、久保正彰訳『戦史』全3冊(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペロポネソス‐せんそう ‥センサウ【ペロポネソス戦争】
紀元前四三一~前四〇四年、古代ギリシアにおいて、アテネとスパルタおよびそれらの同盟市の間に繰り広げられた戦争。ギリシアの覇権をめぐる戦争で、ペルシアの援助を得たスパルタの勝利に終わったが、ギリシア全体の衰退につながった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ペロポネソス戦争
ペロポネソスせんそう
Peloponnesian War
前431年から前404年にかけて行われた,古代ギリシアのアテネ・スパルタ二大勢力の決戦
デロス同盟を率いる海上帝国アテネと,ペロポネソス同盟の盟主スパルタがギリシアの覇権をかけて行ったもの。直接の原因は,コリントとその植民市コルキュラとの戦いにおいて,スパルタが前者を,アテネが後者を援助したことにあり,これがギリシアの大多数のポリスをまき込む大戦争になった。スパルタ軍によるアテネの包囲,ペストの流行によるペリクレスの死(前429),50年の休戦を約したニキアスの和約(前421),アテネの野心家アルキビアデスのシチリア島遠征失敗などをへて,前405年アイゴスポタモイの海戦で,アケメネス朝の援助を受けたスパルタが勝ったことで大勢は決した。この戦争により,アテネの民主政は衰え,ポリスの内部争いや相互の争いが激化し,ギリシアは衰退に向かった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロポネソス戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペロポネソス戦争の関連情報

関連キーワード

デロス同盟ギリシア哲学史(年表)米企業改革法三十人僭主四百四病アゲシラオス2世アルタクセルクセス2世クラウディアヌスクレオフォン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation