@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペロー童話集【ぺろーどうわしゅう】

世界大百科事典 第2版

ぺろーどうわしゅう【ペロー童話集】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペロー童話集
ぺろーどうわしゅう
Contes de Perrault
フランスの詩人であり作家のシャルル・ペローの童話集。1697年刊。正確な表題は『すぎた昔の物語ならびに小話』Histoires ou Contes du temps pass。扉に「がちょうおばさんの話」Contes de ma mre l'Oyeとあり、この名でよばれてもいる。「がちょうおばさんの話」とは民話の古称で、当時は「老婆の話」といった呼び名もあった。20世紀の音楽家ラベルも、ペロー童話を題材とした組曲『マ・メール・ロア』を作曲している。
 ペロー童話集は、民間伝承の昔話をペローが創作童話化したものだが、発表されたときには、当時10歳の末子ピエール・ペロー・ダルマンクールの名が作者名として記されていた。内容は、「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」「青ひげ」「ねこ先生または長靴をはいた猫」「仙女たち」「サンドリヨンまたは小さなガラスの靴(シンデレラ)」「まき毛のリケ」「親指小僧」の、簡潔で明快な文体をもって書かれた八編の散文からなり、各編の終わりには教訓moralitが添えられている。ペローには、ほかに、韻文による三編――「グリゼリディス」「ろばの皮」「愚かな願いごと」を集めた『韻文童話集』Contes en vers(1694)もある。現在では前記の散文童話集と一括して『ペロー童話集』としている。ペローの童話は、児童文学としてだけではなく、フォークロア、民話、幻想文学の源泉として高く評価されている。[窪田般彌]
『新倉朗子訳『ペロー童話集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロー童話集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペロー童話集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation