@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペンタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペンタン
pentane
化学式 C5H12 。1分子中の炭素原子数5個のメタン系炭化水素の総称。3種の異性体,n-ペンタン (沸点 36.074℃) ,イソペンタン (30~30.2℃/747mmHg) ,ネオペンタン (9.503℃) が存在する。 n-ペンタンは直鎖状の飽和炭化水素で,天然ガス石油中に存在しており,これらから分離される。比重 0.626 (20℃) の軽い無色液体。市販の石油エーテル中に含まれる。アミルアルコールの製造原料である。またガソリンエンジンの始動を容易にするため,特に寒冷地用ガソリンに添加することがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペンタン(pentane)
炭素数が5個のメタン系炭化水素。香りのある無色、揮発性の液体。石油に含まれ、3種の異性体がある。溶剤などに使用。分子式C5H12

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ペンタン
 C5H12 (mw72.15).CH3CH2CH2CH2CH3

 炭化水素の一つ.ビタミンEとセレンが極端に欠乏すると体内で不飽和脂肪酸が酸化されて生成し,呼気に出現する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ペンタン【pentane】
炭素数五個のアルカンの総称。化学式 C5H12 三種の異性体があり、いずれも芳香のある無色揮発性・可燃性の液体で、石油から得られる。溶剤などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペンタン
ぺんたん
pentane
アルカンに属する炭素5個の炭化水素の総称n-ペンタン、イソペンタン(2-メチルブタン)、ネオペンタン(2,2-ジメチルプロパン)の3種の異性体が知られているが、普通、ペンタンというと直鎖状ペンタン、すなわちn-ペンタンをさす。n-ペンタンは石油や天然ガス中に含まれる。石油エーテルの主成分である。ガソリンに似たにおいをもつ可燃性液体で爆発限界は1.4~8.0%(空気中)。自動発火点は309℃。アルコール、エーテルにも溶ける。濃い蒸気は麻酔性を示す。マウスに対する致死量は12万8200ppmである。抽出溶剤、麻酔剤などに用いられる。イソペンタン、ネオペンタンは非常に気化しやすい液体で、ほとんど無臭である。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペンタン
〘名〙 (pentane Pentan) メタン系炭化水素の一つ。化学式 C5H12 無色で香気のある揮発性の液体。三種の異性体がある。石油中に含まれ、麻酔剤、抽出溶剤、低温温度計などに利用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ペンタン
ペンタン
pentane

C5H12(72.15).CH3(CH2)3CH3.5個の炭素原子が直鎖状に結合したもので,異性体であるイソペンタン,ネオペンタンと区別して,n-ペンタンとよばれることも多い.また,これらの異性体のすべて,C5H12で表される脂肪族炭化水素の総称としても用いられる.原油および石油系炭化水素分解油中に存在する.実験室的には,tert-ペンチルアルコールと臭化水素酸とで得られる2-ブロモペンタンに,マグネシウムをブチルエーテル中で反応させ,得られた生成物を硫酸で分解して合成する.工業的には,ナフサおよび上記分解油中から分留により分離すると得られる.芳香をもつ引火性の無色の液体.融点-129.72 ℃,沸点36.07 ℃.0.62139.1.35472.爆発範囲1.4~7.8体積%.炭化水素,油脂,エーテルに可溶,エタノールに微溶,水に不溶.用途はおもに抽出用溶剤に使用されるほかに,低温温度計,麻酔剤として使われる.[CAS 109-66-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペンタンの関連情報

関連キーワード

石油エーテル石油エーテル天然ガソリン液体天然ガス同族列

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation