@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペンティアム

デジタル大辞泉

ペンティアム(Pentium)
米国インテル社が開発した32ビットマイクロプロセッサーの製品名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ペンティアム【Pentium】
1993年にインテルが発表したマイクロプロセッサーの製品名、および派生製品のブランド名。同社の32ビットマイクロプロセッサーi486後継として開発され、x86シリーズの第5世代にあたる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペンティアム
ぺんてぃあむ
Pentium

インテルが提供したCPU(中央処理装置)の名称、およびその後継CPUのブランド名。インテルが開発したx86または80x86系とよばれるアーキテクチャー(基本設計概念)に含まれる。

 i486という型番のCPUの次世代製品として1993年に発表されたが、インテルのプロセッサーとしては第5世代にあたり、「5」を意味する「Penta」を用いた名前がつけられた。それまでの製品は、数字やアルファベットなどを組み合わせた型番で表していたが、ペンティアム以後は固有の名称がつけられるようになった。

 ペンティアム・シリーズはPentiumから始まり、その後もPentium Ⅱ、Pentium Pro、Pentium Ⅲ、Pentium 4、ノートパソコン向けのPentium Mなど、機能強化をしながら長く使われるブランドになった。その後インテルでは、2006年に新ブランド名としてコアCoreを発表している。しかし2011年時点でも、ベーシックなコンピューティング向けプロセッサーとして、ペンティアムプロセッサーは提供され続けている。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

ペンティアム
⇨Pentium

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

ペンティアム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペンティアムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation