@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペン

デジタル大辞泉

ペン(pen)
インキをつけ、字や絵をかく洋風の筆記具。金属や鳥の羽軸で作る。また、万年筆やボールペンなどの総称。
文章を書くこと。文筆活動。また広く、言論活動。「ペンで生活する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン(Arthur Penn)
[1922~2010]米国の映画監督・舞台演出家。ヘレン=ケラーを描いた「奇跡の人」は、舞台と映画の双方で成功を収めた。「俺たちに明日(あす)はない」は、ニューシネマの代表的な作品とされる。他の監督作に「小さな巨人」など。アーサー=ペン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペン【pen】
筆記具の一つで,毛筆とならんで代表的なもの。語源はラテン語のpenna(翼,羽毛)で,もとは羽毛の軸の先にインキをつけて書くものを指した。羽根ペン,鵞ペンquillともいわれ,5世紀ころから19世紀まで使われていた。古くは文字を書くのに手の指や簡単な尖を用いたと思われるが,中空がインキを保持する点を利用して,古代エジプトではアシcalamusのが使用され,羽根ペンが出現して小さな字が可能になってからも,アシのペンは地中海地方に残っていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ペン【Irving Penn】
1917‐2004
アメリカの写真家。ニュージャージー州プレーンフィールドに生まれる。ペンシルベニア工芸大学を卒業後,《ハーパーズ・バザー》や《ボーグ》のアート・ディレクターR.アベドン,R.フランクなど数々の写真家を育てたA.ブロードビッチのもとでデザインを学び,1943年《ボーグ》誌のアート・ディレクターとなった。彼はそこですすめられて写真を撮り始める。ペンの写真は百数十回も《ボーグ》誌の表紙を飾っているが,これらのファッション写真は,クールで格調高いロマンティシズムに溢れたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ペン【William Penn】
1644‐1718
イギリスのクエーカー教徒の政治家,新大陸ペンシルベニア植民地の創設者。父は海軍提督。オックスフォード大学中退,外遊後リンカンズ・インで法律を学んだが,1667年クエーカーに加わる。チャールズ2世およびジェームズ2世の知遇を得るが,クエーカーとして説教パンフレット著述に励み,数度の入獄にも屈せず,信教の自由と立憲政治のために闘う。70年代にウェスト・ジャージー植民地の経営に参画し,民主的統治のため憲章の作成に貢献。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペン
Penn, Arthur
[生]1922.9.27. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]2010.9.28. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の映画監督,舞台演出家。フルネーム Arthur Hiller Penn。アメリカ社会の暗部を批判的に描いた作品で知られた。アクターズ・スタジオで学んだのちテレビ界で研鑽を積み,1953年からドラマの脚本家および演出家として活躍する一方,舞台演出家としても定評があった。1958年『左ききの拳銃』The Left-Handed Gunで映画監督としてデビュー。商業的にも芸術的にも成功した『奇跡の人』The Miracle Worker(1962),『逃亡地帯』The Chase(1966)などの作品で注目された。1930年代の実在の男女を主人公に,青春の孤独,むなしさを従来のハリウッド映画にはみられないセックスや残酷シーンの大胆な挿入で描写した『俺たちに明日はない』Bonnie and Clyde(1967)でアメリカン・ニュー・シネマの代表的作家となり,アメリカ映画史に不滅の足跡を残した。『奇跡の人』,『俺たちに明日はない』,『アリスのレストラン』Alice's Restaurant(1969)でアカデミー賞監督賞にノミネートされた。ほかに,歴史を見直す西部劇『小さな巨人』Little Big Man(1970)など。兄は著名な写真家アービング・ペン

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン
Penn, Irving
[生]1917.6.16. ニュージャ-ジー,プレーンフィールド
[没]2009.10.7. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の写真家。初め画家を志したが,26歳のときファッション誌『ヴォーグ』の表紙を手がけ,ファッション写真家に転向した。古典的で典雅な劇的表現を得意とした。人物写真でも名をなし,簡素な背景のもと,北側からの自然光で撮影する洗練された作品で知られる。1950~51年にニューヨークやロンドン,パリの労働者を撮影した記念碑的な作品 "Small Trades"が有名。のちに,ファッション写真や人物写真の手法を用いた女性のヌードやたばこの吸い殻を題材にした作品を,プラチナプリントで制作した。写真集に"Moments Preserved"(1960),"Worlds in a Small Room"(1974),"Passage"(1991)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン
Penn, John
[生]1729.7.14. フィラデルフィア
[没]1795.2.9. フィラデルフィア
アメリカ,ペンシルバニア植民地総督 W.ペンの孫。同植民地にペン家がもつ領主権の4分の1を相続。 1754年のオールバニ会議に出席。 63~71,73~76年ペンシルバニア植民地副総督。同植民地とコネティカットメリーランドバージニアの境界線問題やインディアンと開拓民との関係調停に努め,独立後もフィラデルフィアにとどまった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン
Penn, William
[生]1644.10.14. ロンドン
[没]1718.7.30. バッキンガムシャー
イギリスのクェーカー教徒,ペンシルバニア植民地の建設者。同名の父は,清教徒革命議会派として従軍し,イギリス=オランダ戦争にも活躍した海軍軍人。 1660年オックスフォード大学に入学。父の領地管理のためおもむいたアイルランドクェーカー信仰に触れ,入信。 81年父の債権代償として北アメリカに植民地建設の特許状を国王チャールズ2世から獲得し,自己のをとってペンシルバニアと名づけ,82年渡航。フィラデルフィアを建設しインディアンとの友好関係の樹立に留意し,植民地の発展に尽力。 84年3代ボルティモア (男)との境界紛争解決のため帰国。 99年再び植民地に帰り,議会の選挙権を拡大して民主化に努め,1701年帰国。植民地経営を託した部下に裏切られるなど,晩年は不遇であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン
Penn, Sean
[生]1960.8.17. カリフォルニア,サンタモニカ
アメリカ合衆国の映画俳優,監督。フルネーム Sean Justin Penn。芸能人の両親のもとに生まれる。ロサンゼルスのレパートリー・シアターで演技を学び,1981年にオフ・ブロードウェーの舞台や映画『タップス』Tapsに出演し,俳優としての道を歩み始めた。やがて活動分野を広げて『インディアン・ランナー』Indian Runner(1991)では脚本と監督を,『クロッシング・ガード』The Crossing Guard(1995)で監督を務めた。俳優としては『デッドマン・ウォーキング』Dead Man Walking(1995)で初めてアカデミー賞にノミネートされ,『シーズ・ソー・ラヴリー』She's So Lovely(1997)でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。『ギター弾きの恋』Sweet and Lowdown(1999),『アイ・アム・サム』I Am Sam(2001)でもアカデミー賞候補に名を連ねた。2003年『21グラム』21 Gramsでベネチア国際映画祭男優賞を受賞。翌 2004年,『ミスティック・リバー』Mystic River(2003)で娘を殺され悲しみに打ちひしがれる父親を好演して,ついにアカデミー賞主演男優賞を手にした。2007年には再びメガホンをとり,『イントゥ・ザ・ワイルド』Into the Wildを世に出した。2008年,同性愛者であることを公にしながら公職についた初めてのアメリカ人,ハーベイ・ミルクの半生を描いた『ミルク』Milkで主役を熱演し,再びアカデミー賞主演男優賞に輝いた。その後『フェア・ゲーム』Fair Game(2010),『ツリー・オブ・ライフ』The Tree of Life(2011)で好演。映画を離れると政治活動家でもあり,特にイラク戦争に反対を表明したことで知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ペン
生年月日:1621年4月23日
イギリスの提督
1670年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペン
〘名〙 (pen)
① 筆記具の一つ。鳥の羽軸(うじく)や金属の薄片で先端を尖った形に作り、縦に割目を入れ、そこにインクを含ませて文字などを書くもの。金属片のものは木などの軸につけて用いる。また、万年筆、ボールペンなど、インクを用いる筆記具の総称。
※西域物語(1798)中「筆をペンといふ鵝の羽の茎の大なるを用、本の方を尖に削り、孔へ墨を含ませ、左上より書始」
② 転じて、文章を書くこと。文筆活動をすること。
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「しかかって居た翻訳の筆(ペン)を留めて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン
(William Penn ウィリアム━) イギリスの新大陸開拓者。ペンシルベニア(ペンの森の意)の支配権を得て、フィラデルフィアを建設。(一六四四‐一七一八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ペン

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation