@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ペーパークロマトグラフィー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペーパークロマトグラフィー
paper chromatography
クロマトグラフィーの1種。ろ紙クロマトグラフィーとも呼ばれ,PC,PPCと略記されることがある。 1944年 A.マーティンおよび R.シングによって初めて試みられた方法で,支持体としてろ紙を用いることで,他のクロマトグラフィーと区別される。乾いたろ一端から少し離れたところに試料を付着させ,その端を適当な溶媒に浸すと,毛管現象による溶媒の浸透に伴って試料中の各成分はそれぞれ別のスポット (斑点) として移動し,溶媒の浸透が続けば,それに対応して各スポットの移動・分離が起る (→展開 ) 。対象とする物質が無色の場合は適当な呈色試薬によって検出する。原理的には分配型クロマトグラフィーに分類され,ろ紙のセルロースに含まれている水と溶媒との間の分配係数に対応して,各成分の相互分離が起る。成分スポットの移動距離と溶媒の浸透した距離の比は Rf値と呼ばれ,成分物質の同定に利用できる。この方法は簡便であるので,のちに考案された薄層クロマトグラフィーとともに微量物質の確認・同定に広く利用されている。異なる溶媒を用いて直角方向に2回展開する二次元法や,ろ紙にあらかじめ流動パラフィンなどの親油性溶媒を含ませておき,展開溶媒として親水性溶媒を用いる逆相法などが考案されている。またスポットの検出には特性基の呈色反応のほか,紫外線によるケイ光検出も利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペーパー‐クロマトグラフィー(paper chromatography)
濾紙(ろし)の一端に試料溶液をつけ、これを展開させるための溶剤をしみこませ、毛細管現象によって試料混合物中の微量成分を分離・分析する方法。濾紙クロマトグラフィー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ペーパークロマトグラフィー
 ろ紙クロマトグラフィーともいう.ろ紙を担体として行うクロマトグラフィーで,固定相はろ紙に吸着している水となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぺーぱーくろまとぐらふぃー【ペーパークロマトグラフィー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ペーパー‐クロマトグラフィー
〘名〙 (paper chromatography) 濾紙(ろし)を用いたクロマトグラフィー。細長い濾紙の端近くに試料をごく少量塗り、試料側の端から溶媒を、濾紙の毛管現象を利用してしみこませる。溶媒がしみこむと試料中の各成分が移動するが、紙への吸着性の違いによって移動速度に差が生じ、成分の分離・確認ができる。ペークロ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ペーパークロマトグラフィー
ペーパークロマトグラフィー
paper chromatography

沪紙クロマトグラフィーともいう.沪紙に含んだ液体を固定相とし,溶媒を移動相としたクロマトグラフィー.沪紙の一端に混合試料をスポットし,溶媒につけると溶媒が毛細管現象によって他端に移動する.この際,沪紙に含まれた液相と展開溶媒との分配係数の差によって物質が分離される.沪紙を乾燥してから呈色試薬を噴霧して着色させる.原点から物質が移動した距離(Rf 値)によって同定する.広い沪紙を用いて二次元に展開させる方法もある.アミノ酸,糖類,その他多くの有機化合物をはじめ,無機イオンの分離まで広く用いられる簡単な分析手段である.1944年,A.J.P. Martin(マーチン)とR.L.M. Synge(シング)によって発見された方法で,両氏はこの発見によって,1952年ノーベル化学賞を受けた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペーパークロマトグラフィー
ぺーぱーくろまとぐらふぃー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーパークロマトグラフィー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペーパークロマトグラフィーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation