@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホイッグ党【ホイッグトウ】

デジタル大辞泉

ホイッグ‐とう〔‐タウ〕【ホイッグ党】
Whig》英国の政党。1680年ごろ、都市の商工業者や中産階級を基盤に形成され、議会の権利や民権の尊重を主張、トーリー党と対立しつつ英国議会政治を発展させた。1830年代から自由党改称、近代的政党に脱皮した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ホイッグとう【ホイッグ党 Whig Party】
イギリス自由党の前身。その起源はピューリタン革命期の議会派にまでさかのぼることもできるが,この名称は1680年ごろから使われはじめた。ピューリタン革命後,国王反対勢力は一時完全に押さえこまれていたが,1670年代初めから勢力を盛りかえし,70年代末にはチャールズ2世の王位継承候補者からヨーク公(のちのジェームズ2世)を排除しようという大運動を展開するに至った。その中心勢力につけられた蔑称がホイッグで,語源スコットランドの反徒ホイッガモアWhiggamoreである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ホイッグ‐とう ‥タウ【ホイッグ党】
(ホイッグはWhig)
[一] イギリスの政党。一六七九年ごろ資本家や中産階級を基盤として形成され、トーリー党と対立しつつイギリス議会政治を発展させた。一八三〇年代から自由党と改称、近代的政党に脱皮した。
[二] アメリカ合衆国の政党。一八三四年ジャクソン大統領に反対する諸勢力が結成。その中核は国民共和党。ハリソンやテーラーを大統領に当選させた。が、奴隷制問題について態度を明確にせず、その後、衰えて五四年に新結成された共和党に吸収された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ホイッグ党
ホイッグとう
Whig Party
17世紀後半に形成されたイギリス自由党の前身
チャールズ2世の弟でカトリックのヨーク公ジェームズの王位継承権を否定しようと運動するグループにつけられた蔑称。産業資本家や商人層が支持基盤で,国教徒内のリベラル層と非国教徒からなる。王権派のトーリー党に対し,議会の権利を重視するホイッグ党の二大政党対立が1679年の議会内に現れた。名誉革命においては中心的役割を果たし,ウィリアム3世を国王に擁立した。1714年のハノーヴァー朝擁立後,約50年間はホイッグ党の全盛時代であった。その後トーリー党政権が続くが,1830年に成立したホイッグ内閣は,32年選挙法改正(第1回)を成立させた。以後トーリー党進歩派を含めて自由党となる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホイッグ党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホイッグ党の関連情報

関連キーワード

バターフィールドフェデラリストホイッグ党(イギリス)リパブリカン徳川家綱徳川家綱榎本弥左衛門覚書桃青門弟独吟二十歌仙

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation