@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホウケイ酸ガラス【ほうけいさんガラス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホウケイ酸ガラス
ほうけいさんガラス
borosilicate glass
ホウ素を酸化ホウ素として少くとも5%以上含むケイ酸ガラスをいう。ホウ素添加により膨張係数が低下し化学的耐性,特に耐熱性,耐酸性,耐候性が増大し,電気的性質も改善されるので,寒暖計用,化学用,ランプ用,調理用,封入用ガラスとして用いられる。光学ガラスでは,分散能が小さい (アッベ数 50以上) クラウン系ガラス (ホウケイクラウン,ランタンクラウン) に用いられている。なお,吸熱ガラスリン酸ホウ酸を主成分として加えると可視部の吸収が消え,赤外線吸収率のよいものが得られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ホウケイ酸ガラス
ホウケイサンガラス
borosilicate glass

B2O3を5% 以上,M2Oを10% 以下含むM2O-Al2O3-B2O3-SiO2系ガラス(Mはアルカリ金属).B2O3はガラスに対して溶融温度の低下をもたらし,化学的・電気的性質を良好にするはたらきを示す.一般に熱膨張係数が低く,理化学用ガラスとして用いられることが多い.パイレックスガラス(商標名)はこのガラスの一種である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウケイ酸ガラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホウケイ酸ガラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation