@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホウ酸塩【ほうさんえん】

世界大百科事典 第2版

ほうさんえん【ホウ酸塩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホウ酸塩
ほうさんえん
borate

ホウ酸と塩基の中和によって生成する塩。オルトホウ酸塩MI3BO3、二ホウ酸塩MI4B2O5、メタホウ酸塩MIBO2、四ホウ酸塩MI2B4O7などが知られている。酸化ホウ素と金属酸化物とを溶融するか、ホウ酸またはその塩の水溶液から複分解でつくる。たとえば、オルトホウ酸塩にMg3(BO3)2(小藤(ことう)石)がありBO33-イオンが存在する。二ホウ酸塩にはMg2B2O5(遂安(すいあん)石)がありB2O54-イオンが存在する。メタホウ酸塩には、環状のB3O63-イオンを含むNaBO2と、鎖状の(BO2-)∞イオンを含むCa(BO2)2がある。四ホウ酸塩ではNa2B4O7・10H2O(ホウ砂(しゃ))が有名で、[B4O5(OH)4]2-イオンが存在する。アルカリ金属塩は無色、水に可溶。

[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ホウ酸塩
ホウサンエン
borate

ホウ素のオキソ酸であるホウ酸の塩.ホウ素のオキソ酸はオルトホウ酸([別用語参照]ホウ酸)以外に多くのポリ酸,Bの見掛けの酸化数の異なるものもあり,非常に範囲が広い.したがって,正確な名称と構造の対比は困難であるが,従来,慣用名として,各固体塩のオリゴマー陰イオン中のBの数nで,ポリマーも含めてnホウ酸塩としてきた.【】オルトホウ酸塩:平面正三角形型の [BO3]3- を含む塩である.Na3BO3は,Na3B3O6またはB2O3とNa2CO3との混合物を680 ℃ 以上に加熱すると得られる.M = Mg,Ca,Cd,Coなどの塩もB2O3と各金属の酸化物の溶融などで得られる.Mg3(BO3)2は小藤石(kotoite)とよばれる鉱石で天然に産出する.[B(OH)4] を含む塩(テトラヒドロキソホウ酸塩)も知られている.メタホウ酸ナトリウム・二水和物NaBO2・2H2O[CAS 16800-11-6]は,構造上はNa[B(OH)4]である.【】ポリホウ酸塩:
(1)二ホウ酸塩;旧名,ピロホウ酸塩.2個の平面三角形型のBO3がO原子1個を共有して結合した構造の [B2O5]4- を含む塩である.Mg塩;Mg2(B2O5)は遂安石(suanite)[CAS 36564-04-2]として産出する.
(2)三ホウ酸塩;平面六角形型構造のB3O3リングをもつ三ホウ酸陰イオンには [B3O3(OH)4](図(a)),[B3O3(OH)5]2-(図(b))と鎖状の [B3O4(OH)3]n2n がある.LiB3O5無水塩はリング外側の4個のOHから2個の水分子が抜けた形で,溶融塩から結晶として得られ,非線形光学素子として使用される.Zn[B3O3(OH)5]・H2O[CAS 12429-73-1]はB3O3リングが鎖状につながっている.

(3)四ホウ酸塩;組成式に [B4O7]2- を含むもので,四ホウ酸ナトリウム・十水和物Na2[B4O7]・10H2O[CAS 1303-96-4],四ホウ酸カリウム・四水和物K2[B4O7]・4H2O[CAS 12045-78-2]などがある.ただし,[B4O7]2- は存在せず,構造上(図(c))は,Na2[B4O5(OH)4]・8H2Oで,正しい水和水数,OH基の数に対応している.
(4)五・六ホウ酸塩;組成式にM B5O8のように [B5O8] を含む五ホウ酸塩は,構造上(図(d))はNa[B5O6(OH)4]・3H2O[CAS 12046-75-2],K[B5O6(OH)4]・2H2O[CAS 12229-13-9]などが相当する.六ホウ酸塩もMg2B6O11・15H2O鉱物インデライト(inderite)[CAS 12260-26-3]として天然に存在する.構造上はMg2[B6O7(OH)6]とされる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウ酸塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホウ酸塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation