@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホスファチジン酸【ホスファチジンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホスファチジン酸
ホスファチジンさん
phosphatidic acid
レシチン,ホスファチジルエタノールアミンなどのグリセロリン脂質の成分として動植物界に広く存在する。ほとんどα位にリン酸が結合している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ホスファチジン酸

 諸種リン脂質の構成成分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほすふぁちじんさん【ホスファチジン酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ホスファチジン酸
ホスファチジンサン
phosphatidic acid

1,2-diacyl-L-glycerol 3-phosphate.ほとんどすべてのグリセロリン脂質の生合成における前駆物質であるが,天然にはごく少量しか発見されていない.キャベツの葉では,遊離のものが見いだされているが,グリセロリン脂質がホスホリパーゼ Dにより加水分解を受け,遊離したものである.ジグリセリドをリン酸化して合成されているが,ホスファチジルコリンまたはホスファチジルエタノールアミンなどを,ホスホリパーゼDで加水分解すると得られる.この原子団をホスファチジル基とよぶ.一般に,薄茶色の油状の液体.室温でも割合安定であるが,空気中では徐々に茶色の固形物にかわる.石油エーテル,エーテル,アセトン,メタノール,エタノール,クロロホルム,水に可溶.生体内ではα-グリセロリン酸のアシル化により生合成される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスファチジン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホスファチジン酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation