@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホスホリラーゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホスホリラーゼ
phosphorylase
デンプンやグリコーゲンのα-1,4-グリコシド結合を加リン酸分解してグルコース-1-リン酸とする酵素。生物界に広く分布するが,よく用いられる材料は肝臓,筋肉,心臓などの動物組織およびジャガイモ塊茎サツマイモの塊根,種子や酵母などである。動物のものにはa型とb型がある。a型は活性があり,それぞれ1分子のピリドキサルリン酸 (ビタミン B6 リン酸) をもつ4量体で,それぞれには1個ずつのリン酸が結合しているが,ホスホリラーゼホスファターゼによりb型となる。これは2量体ずつに解離したもので,リン酸は離れて不活性型となる。b型がホスホリラーゼキナーゼとアデノシン三リン酸とによってリン酸化されれば再びa型に戻る。ジャガイモの塊茎から抽出結晶化されたものにはa,b両型はないが,1分子あたり2分子のピリドキサルリン酸を結合している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ホスホリラーゼ(phosphorylase)
でんぷんグリコーゲンなどを加燐酸(かりんさん)分解する酵素総称フォスフォリラーゼ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ホスホリラーゼ【phosphorylase】
多種類の酵素の総称で,一般にグリコシド(配糖体)結合の加リン酸分解反応を触媒する。反応は可逆的で,多糖類やヌクレオシドの合成および分解に関与し,多くの生物に存在する。デンプン(澱粉)ホスホリラーゼや,動物の肝臓,筋肉に存在するグリコーゲンホスホリラーゼは,ともにα‐1,4グリコシド結合を加リン酸分解する。ヌクレオシドを加リン酸分解するものとしては,ヌクレオシドホスホリラーゼがあり,核酸や補酵素の代謝に関与する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ホスホリラーゼ【phosphorylase】
グリコーゲンやデンプンを加リン酸分解する酵素の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ホスホリラーゼ
ホスホリラーゼ
phospholylase

EC 2.4.1群.デンプンまたはグリコーゲンを加リン酸分解し,アルコールリン酸エステルを生成する反応を触媒する酵素.解糖の初期反応として重要であり,グリコシル結合のエネルギーはそのままリン酸エステル結合エネルギーとして保持される.グリコーゲンホスホリラーゼは下記の反応を触媒し,グルコース1-リン酸を生じる.そのほか,プリンヌクレオチドホスホリラーゼのようにペントースに作用するものがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ホスホリラーゼ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスホリラーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホスホリラーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation