@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホット・ラボ【ほっとらぼ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホット・ラボ
ほっとらぼ

高放射性物質取扱い施設のことをホット・ラボラトリーhot laboratoryあるいは略してホット・ラボという。原子力の分野では、放射能レベルが高いことを定性的にホットというが、ホット・ラボで取り扱う放射能は、通常の研究室で取り扱う放射能よりも桁(けた)違いに強い。

 原子炉の燃料や材料の研究を行うには、燃料あるいは材料試料をカプセルに収め、原子炉の炉心で中性子を照射して、物性変化や機械的変化などを調べる必要がある。原子炉で中性子照射したカプセルは放射能が強く、原子炉からの取り出し、運搬、解体、試験などにはとくに注意を払う必要がある。

 ホット・ラボには、コンクリートあるいは鉛で遮蔽(しゃへい)されたケーブとよばれる小室(縦・横・高さとも約4メートル)がいくつもあり、カプセルの解体、試料の取り出し、各種試験を効率よく行うことができる。ケーブ内は放射能が強いため、試験はすべてマニピュレーターを使って遠隔操作で行われる。材料試験炉のように、原子炉とホット・ラボをカナル(運河)でつなぎ、カプセルの運搬を容易にしている研究施設もある。

[桜井 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホット・ラボ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホット・ラボの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation