@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホテイアオイ

世界大百科事典 第2版

ホテイアオイ【water hyacinth】
熱帯・亜熱帯アメリカ原産の,ミズアオイ科の浮遊性多年生水草(イラスト)。現在では,世界各地の亜熱帯~熱帯に野生化し,静水域で大群落をなすことが多い。日本でも九州の温暖地に野生化している。葉柄基部が球状にふくらみ,浮性をもつ。葉は心臓形平滑。根は繊維状で密生し,黒紫色で水中によく茂る。多くの匍匐(ほふく)枝を出し,その先に小苗を生じて繁殖し,繁殖力はきわめて旺盛で,短期間で群落状となる。夏に高さ15~25cmぐらいの花茎を出し,径3cmぐらいの,藤紫色で中央に黄斑のある6弁花を短穂状に咲かせたいへん美しいが,1日花である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホテイアオイ
ほていあおい / 布袋葵
[学] Eichhornia crassipes Solms.

ミズアオイ科(APG分類:ミズアオイ科)の多年生の浮遊性水草。ホテイソウ、ウォーターヒヤシンスともいう。根は細く、水中に垂れる。葉は円形または卵円形、鮮緑色で光沢がある。葉柄の基部近くが膨らんで気嚢(きのう)となり、水面に浮かぶ。夏、高さ約30センチメートルの花茎を出して穂状花序をつくり、漏斗(ろうと)状鐘形で径約3センチメートルの花を開く。花被(かひ)は6枚で淡青紫色、上片は大きくて濃い斑紋(はんもん)があり、その中央は黄色である。亜熱帯アメリカ原産で、日本へは明治中期に導入され、暖地では野生化している。池や金魚鉢で観賞する。栽培は水面に浮かべるか、泥土で鉢植えし、鉢のみを水中に沈める。栄養がよいと匐枝(ふくし)で猛烈に繁殖して水面を覆い、各地で害草となっている。水中の窒素やリンを吸収する能力が高く、プランクトンの発生を防ぐので、富栄養湖の浄化に使われることもある。また、家畜飼料とするほか、発酵させたガスのエネルギー利用の面でも注目されている。

[吉江清朗 2019年6月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホテイアオイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホテイアオイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation