@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホテイチク【ほていちく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホテイチク
ほていちく / 布袋竹
[学]Phyllostachys aurea Carr.
イネ科のタケ・ササ類。稈(かん)は高さ10メートル、径3~5センチメートルに達する。基部は奇形となり、節間は著しく短縮して膨出し、節は水平または電光形となる。奇形部の上方の正常部は急に細くなる。タケの皮は薄く、大小不定の斑紋(はんもん)があり、毛はない。葉は披針(ひしん)形で長さ約10センチメートル、葉鞘(ようしょう)の上縁の毛は直立する。中国原産。日本全土で栽培される。名は、膨出した節間を布袋(ほてい)の腹に見立てたもの。稈は強くて弾力性があり、奇形部の手持ちがよいので釣り竿(ざお)や杖(つえ)に好適である。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホテイチク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホテイチクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation