@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホノリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホノリウス
Honorius, Flavius
[生]384.9.9.
[没]423.8.15.
西ローマ皇帝 (在位 393~423) 。テオドシウス1世の子。 395年父の死とともに帝国は分裂し西方の単独帝となったが,408年までは義父 F.スチリコ実権を握った。その治世中,西ゴートアラリック1世ローマ占領 (410) ,バンダル族,スエビ人がガリアを席捲,コンスタンチウス3世ブリタニアで帝位を僭称するなど,彼の無能,無力による失政と相まって帝国は大混乱に陥り,彼自身はかろうじてラベンナに難を避けるありさまだった。結局子のないまま死に,義弟コンスタンチウスの子ウァレンチニアヌス3世が跡を継いだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ホノリウス【Flavius Honorius】
384‐423
ローマ帝国西帝。在位393‐423年。テオドシウス1世の次子。父帝の生前,すでに正帝に挙げられていたが,統治の実権は後見役のスティリコが握り,スティリコ処刑(408)後は,オリュンピウスや将軍コンスタンティウスらが実力者となった。その治世には,ゲルマン諸族のライン渡河(406‐407),西ゴートによるローマ市略奪(410)などゲルマンの災禍が深刻化し,簒奪帝の相次ぐ興亡,ブリタニアにおける実質的な支配権喪失など危機的状況が続いたが,ホノリウスは主体的行動力・気力を欠き,ラベンナの宮廷を離れることはほとんどなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホノリウス
ほのりうす
Flavius Honorius
(384―423)

西ローマ皇帝(在位393~423)。テオドシウス1世の子。共治帝とされたが、父の死後帝国を東のアルカディウスと分割し、西の単独帝となる。実権をバンダル人の将軍スティリコに握られ、のちこれを処刑した。410年西ゴートにローマ市を寇掠(こうりゃく)され、ブリタニアの支配権を完全に放棄し、スペインへのバンダルなどの侵入を許すなど、帝国衰退の進行をなすがままにした無能な皇帝であった。

[松本宣郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ホノリウス
Flavius Honorius
384〜423
最初の西ローマ皇帝(在位395〜423)
アルカディウスは帝国の東半分を,ホノリウスは帝国の西半分を治めた。治世の前半は実権をヴァンダル族出身の将軍スティリコが握り,スティリコ処刑の後は,西ゴート族のローマ略奪,ブリタニアの喪失など帝国の衰退を止められなかった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホノリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホノリウスの関連情報

関連キーワード

エウラリウス会計監査人フラウィウス ホノリウスシリキウス競業避止義務クラティノス債権者代位権会計参与

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation