@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホフマン則【ホフマンそく】

世界大百科事典 第2版

ホフマンそく【ホフマン則 Hofmann’s rule】
水酸化第四アンモニウムを100℃くらいに加熱すると,C-N結合の一つが切れて,アルケンと第三アミンおよび水が生成する(ホフマン分解)。この反応において,2種以上のアルケンが生成する可能性がある場合には,置換基の少ないアルケンがより生成しやすいという経験則。もしエチル基が含まれるなら,エチレンが最も生成しやすいことになる。この通則は1851年ドイツのA.W.vonホフマンにより見いだされた。(化学式)脱離反応の方向に関する同様の傾向はスルホニウム塩[R3S]X分解でも認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ホフマン則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホフマン則の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンダラ トーレスリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation