@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホプキンス

367日誕生日大事典

ホプキンス
生年月日:1854年3月20日
イギリスの外交官,東洋学者
1952年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ホプキンス
(Sir Frederick Gowland Hopkins サー=フレデリック=ガウランド━) イギリスの生化学者。四大栄養素以外の微量栄養素の存在を予知、ビタミン研究への道を開拓した。一九二九年ノーベル生理学・医学賞受賞。(一八六一‐一九四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ホプキンス
ホプキンス
Hopkins, Frederick Gowland

イギリスの生化学者.正規の大学教育は受けずに化学分析会社で働くかたわら,ロンドン大学の学外生として化学を学ぶ.1883年ロンドンのガイ病院勤務,1888年同病院医学校に学び,医学を修めた.1898年ケンブリッジ大学講師,1914年同大学に新設された生化学教室の初代教授となる.1930~1935年ロイヤル・ソサエティ会長を務める.おもな業績として,1901年トリプトファンの発見,1907年W.M. Fletcherと共同で筋収縮における乳酸発生の測定,1929年グルタチオンの発見など.またラットを用いた実験で,成長には三大栄養素だけではなく,牛乳に含まれる微量の成長促進因子(ビタミン)が必要であることを示した.この業績により,1929年,C. Eijkman(エイクマン)とともにノーベル生理学・医学賞を受賞.後進の指導にもすぐれ,A.von Szent-Gyorgri(セント-ジェルジ),H.A. Krebs(クレブス),E.B. Chain(ペニシリンの研究で1945年の生理学・医学賞を受賞),A.J.P. Martin(マーチン),R.L.M. Synge(シング),F. Sanger(サンガー)らを輩出した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホプキンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホプキンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation