@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)【ほぷきんず】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)
ほぷきんず
Sir Frederick Gowland Hopkins
(1861―1947)

イギリスの生化学者。サセックスのイーストボーンに生まれる。鉱山学校や病院などで分析化学を学んだが、1898年にケンブリッジ大学に入り生化学を研究し、1914年同大学生化学教授。1925年ナイトの称号を受け、1930~1935年は王立協会の総裁を務めた。血清タンパクの結晶化の研究から始まり、タンパク中のアミノ酸のトリプトファンを1901年に発見した。またカエルの筋肉の乳酸生成について研究し、のちのマイヤーホーフの解糖系の究明の端緒の一つとなった。トリプトファンの発見は、四大栄養素以外に自然食品に含まれている微量の成長促進物質の研究に発展し、ビタミン学の先駆的研究になった。この研究でC・エイクマン(抗神経炎ビタミンを発見)とともに1929年ノーベル医学生理学賞を受賞した。

[宇佐美正一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation