@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホモロサイン図法【ホモロサインずほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホモロサイン図法
ホモロサインずほう
homolosine projection
グード図法 Goode's projectionともいう。アメリカの J.グードが 1923年に発表した正積擬円筒図法で,世界図に用いる。北緯 40°から南緯 40°までをサンソン図法,それより高緯度地方をモルワイデ図法で表わした組合せの地図投影法。両方の地図投影法における緯線の長さは詳しくは緯度 40°44′付近で等しくなるが,小縮尺の世界図では,便宜的に 40°の緯線でつなげている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホモロサイン図法
ほもろさいんずほう
homolosine projection

地図投影の一種。世界全図に用いる図法でグード図法Goode's projectionともいう。1923年にアメリカのグードJohn Paul Goode(1862―1932)が『グード世界地図帳』に用いるために考案した。緯度40度以下の低緯度帯をサンソン図法(シヌソイダル図法)、それより高緯度帯をモルワイデ図法(ホモログラフ図法)で表す便宜図法。考案者の発表論文では、両図法の接続部の緯度は正確には40度44分11秒8であるが、分かりやすい区切りとするために上記のようにしたので、地図上の接続部で経線がわずかに食い違うことが述べられている。この図法の大陸図または大洋図を、共通緯線となる赤道で接続した断裂ホモロサイン図法(断裂グード図法)も地図帳によく用いられている。

[金澤 敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ホモロサイン‐ずほう〔‐ヅハフ〕【ホモロサイン図法】
homolo-sineグード図法別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホモロサイン図法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホモロサイン図法の関連情報

関連キーワード

グード図法ベリージョニー・B・グッドベリー家族社会学断裂法リチャード グード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation