@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホルモン療法【ホルモンりょうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホルモン療法
ホルモンりょうほう
hormone therapy for tumors
癌の中には,ホルモン依存性腫瘍 (しゅよう) と呼ばれ,その発育がある種のホルモンに影響を受けているものがある。そこでホルモンの分泌状態を変化させ,これら腫瘍の発育を抑えて小さくさせようとするのがホルモン療法である。たとえば乳癌の場合,エストロゲン癌細胞の発育を促進させるといわれる。同時に乳細胞の中には,エストロゲンと結合するレセプターの存在が知られている。このエストロゲンを少なくさせるか,あるいはエストロゲンとレセプターの結合を阻害しようというのが乳癌のホルモン療法である。外科的には卵巣摘出術が行なわれ,薬物療法としてはエストロゲンとレセプターとの結合を抑える薬,タモキシフェンなどの投与が広く行なわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ホルモン療法
内分泌療法」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホルモン療法
ほるもんりょうほう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホルモン療法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホルモン療法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation