@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホーナイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホーナイ
Horney, Karen
[生]1885.9.16. ハンブルク
[没]1952.12.4. ニューヨーク
ドイツ生まれのアメリカの女性精神分析学者。旧姓 Danielsen。父はノルウェー人,母はオランダ人。 1912年ベルリン医科大学を卒業。在学中に K.アブラハムのもとで精神分析法の訓練を受けた。診療のかたわらベルリン精神分析所の訓練分析医として活躍し,精神病治療の分野で有名になり,1932年渡米 (1938帰化) ,シカゴ精神分析研究所副所長。 1934年からニューヨークで開業するとともにニューヨーク精神分析研究所,社会研究学校で教え,精神分析医を養成した。 1939年に『新精神分析法』 New Ways in Psychoanalysisを著わしてパーソナリティ形成に社会的および環境的要因の重要性を強調し,S.フロイトの生物学的な汎性欲説を批判した。このためにフロイト正統派の批判を買い,1941年に新たに精神分析振興協会を設立した。彼女は神経症発生の主因を資本主義社会機構におき,女性の歴史的,社会的な従属的地位についても先駆的研究がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ホーナイ【Karen Horney】
1885‐1952
新フロイト派の代表的な女性精神分析医。ハンブルクに生まれ,ベルリン大学を卒業した。学生時代からK.アブラハム,H.ザックスらの教育分析を受けた。ベルリン精神分析研究所で活動したが,1932年F.アレクサンダーに招かれて渡米,主としてニューヨークで活躍した。S.フロイトのリビドー理論を批判し,幼児性欲よりも文化的要因や社会的要因を重視した。そして去勢コンプレクスよりも幼児期の環境と対人関係の役割に注目し,幼児期に十分な愛情を受けられないときに幼児の抱く不満と敵意にみちた孤立感や無力感を〈基本的不安〉と名付け,それを神経症発生の素地と考えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホーナイ
ほーない
Karen Horney
(1885―1952)

アメリカの心理学者。ドイツのハンブルクに生まれる。1913年ベルリン大学で医学の学位をとる。1932年アメリカに渡り、のち帰化。フロム、サリバンなどとともに新しい精神分析の研究機関をつくり、新フロイト派の推進役を務める。フロイトの精神分析を生物学的、機械論的であると批判し、文化的影響を強調。また、神経症の根源は、幼児期の基本的不安に基づくものと考える。女性の心理にも関心が強く、フロイトの去勢コンプレックスを中心にした女性論を男根中心主義と批判し、のちの女性解放運動に大きな影響を与えた。

[外林大作・川幡政道]

『ダグラス・イングラム編、近藤章久訳『ホーナイの最終講義――精神分析療法を学ぶ人へ』(2000・岩崎学術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーナイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホーナイの関連情報

関連キーワード

コロレンコマンダレー東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件清仏戦争天津条約クーパーグラントケプロン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation