@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ホーン岬【ホーンみさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホーン岬
ホーンみさき
Cape Horn
スペイン語ではオルノス岬 Cabo de Hornos。南アメリカ南端,フエゴ島最南のオルノス島 (チリ領) にある南緯 56°00′,西経 67°17′に位置し,南アメリカの最南端とされている。 1616年オランダ人航海者 W.スハウテンが発見,その生地であるオランダ北部のホールン Hoornにちなんで命名。切立ったから成り,周辺の水域は風が強く,航難所として知られる。北西約 60kmにあるオステ島南端の岬がしばしばホーン岬とまちがわれるため,オステ島の岬は Falso Cabo de Hornos (スペイン語で「にせのホーン岬」の) と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ホーン‐みさき【ホーン岬】
Cape Horn》南アメリカ大陸最南端の岬。チリ領ウォラストン諸島中の小島にある。航海の難所。オルノス岬。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ホーンみさき【ホーン岬】
Horn 南アメリカ最南端の岬。チリ、フエゴ島の南にあるホーン島の南端の岬。南緯56度に位置する。近海は暴風雨と強い潮流のため航海の難所として知られる。この岬を通過する西経67度線より東を大西洋、西を太平洋と区分する。 → マゼラン海峡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホーン岬
ほーんみさき
Cape Horn
南アメリカ最南端の岬。南緯55度59分、西経67度16分に位置する。ケープ・ホーンまたはオルノスHornos岬(スペイン語)ともよばれる。フエゴ島南部、チリ領のウォラストン諸島中最南の小島(オルノス島)にある。1578年フランシス・ドレークにより初めて目撃され、1616年ここを回航したオランダ人スハウテンが自分の故郷の町ホーンにちなんで命名した。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ホーン‐みさき【ホーン岬】
(ホーンはHorn) 南アメリカ南端の岬。ウォラストン諸島最南端の小島にある。ドレーク海峡に突き出ていて、沖合をホーン岬海流が流れている。航行の難所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーン岬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホーン岬の関連情報

関連キーワード

カーボベルデカボベルデ喜望峰ディアス(Bartholomeu Diaz (Dias))サンビセンテ岬ロカ岬カーボベルデ諸島ベルデ岬諸島デルガド岬オルノス岬

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation