@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボイオチア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボイオチア
Boiōtia; Boeotia
古代ギリシア中央部の地方。南にコリント湾北東にエウボイア湾を控え,南東アッチカと接し,オルコメノステーベ周辺の平野が中心。豊かな「牧草地」が地名の由来。特に名馬の産地として名高かった。上記のほかにテスピアイ,プラタイアイなどが主要都市。ミケーネ文化の一中心地であったが,テッサリアから移住した住民がボイオチアを形成し,言語的には北東 (アイオリス) 系方言で,のちにドーリス系要素が混入した。前4世紀テーベを中心に繁栄を誇ったが,その後は自給自足の農耕牧畜を主に,進出政策はとらず,ギリシアのなかでは後進地方とみなされた。ヘシオドス,ピンダロス両大詩人を生んだ土地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボイオチア
(Boiotia) ギリシア中部の地方。東はエビア湾、南はコリント湾に面する。古くから文化が開けてテーベ・オルコメノスなどの都市国家が栄え、紀元前四四七年ボイオチア同盟が結成された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイオチア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボイオチアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation