@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボイス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボイス
Beuys, Joseph
[生]1921.5.21. クレーウェ
[没]1986.1.24. ジュッセルドルフ
ドイツの美術家。高校卒業後,第2次世界大戦中ドイツ空軍にパイロットとして従軍。戦後 1947~52年ジュッセルドルフ美術学校で学んだ。 1960年代にフェルトやラードなどの意表をつく物体による作品や,数々のハプニングを展開。 63年「フルクサス」のメンバーとなる。またジュッセルドルフ美術学校の教授として,同地をドイツ現代美術の中心地に高めた。ドイツ学生党,自由大学委員会などを結成,自由で新しい形式の教育を提唱し実践した。 84年来日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイス
Boyce, William
[生]1710頃.ロンドン
[没]1779.2.7. ロンドン
イギリスの作曲家,オルガン奏者。セント・ポール大聖堂の少年聖歌隊にいたとき M.グリーンにオルガンを学び,1734年オックスフォード聖堂のオルガン奏者,36年聖ミカエル聖堂のオルガン奏者を経て王室付属礼拝堂の作曲家となった。 45年音楽の出版を始め,55年グリーンの跡を継いで王室オーケストラの楽長,58年王室付属礼拝堂のオルガン奏者などを歴任したが,その後耳を悪くして現職を退いた。おもな業績は,『教会音楽集』 Cathedral Music (3巻,1760~73) の出版,『ペレウステティス』 (1740) ほか多くの教会音楽と劇場音楽,12曲のトリオ・ソナタと8曲のシンフォニーの作曲。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボイス【Joseph Beuys】
1921‐86
ドイツの美術家。ドイツ西部クレーウェKleve生れ。デュッセルドルフの美術アカデミーに学び,1961‐72年同校で教鞭をとる。ドイツ学生党(1967)を組織し,〈自由国際大学〉や〈直接民主主義のための委員会〉にも参加。晩年は〈緑の党〉の活動にも加わっていた。毛布,フェルト,脂肪,鉄,木などを用いた彫刻を制作するとともに,ハプニングでも知られ(1963年に〈フルクサス〉グループに参加),64年《マルセルデュシャン沈黙は過大評価されている》を発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボイス【William Boyce】
1711‐79
イギリス後期バロックの主導的な作曲家。1734年以後ロンドンの教会でオルガン奏者を務め,55年以後王室楽長。晩年は耳疾に悩み,公職を退く。アンセムを中心とする教会音楽と劇音楽の両分野に作品をたくさん書き残しているが,8曲の交響曲をはじめとするいくつかの器楽も注目される。またイギリスの伝統的な教会音楽の楽譜集を編集・出版するなどの重要な仕事をした。【大 滋生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボイス
ぼいす
Joseph Beuys
(1921―1986)

ドイツの美術家。ノルトライン・ウェストファーレン州西部のクレーフェルトに生まれデュッセルドルフで没した。デュッセルドルフ芸術アカデミーで学び、1961~72年、同校教授を務める。62年から国際的な前衛芸術グループであるフルクサスに参加し、67年にドイツ学生党を結成、74年に自由国際大学を設立した。また緑の党にも参加した。ルドルフ・シュタイナーの人智学の影響を受け、直接民主制やエコロジーなどを中心とした社会変革の運動を、芸術作品として提示した。具体的には「アクション」とよばれる行為による芸術、オブジェ作品、そして討論など、従来の美術の枠を超えた多様な形式をとる。これはすなわち、芸術の概念を、理想社会の実現をめざす自由で創造的な活動すべてにまで拡張しようとするものであり、彼はこうした考え方に基づく自らの作品を総称して「社会彫刻」とよんでいる。彼の活動は政治的には十分な成功を収めたとはいえないかもしれないが、芸術を社会と直接に関わる活動とみなす彼の考え方は、その後の現代美術の動向に深い影響を与えた。代表作に『脂肪の椅子』(1964)、『7000本の樫の木』(1982―87)などがある。

[大谷省吾]

『ハイナー・シュタッヘルハウス著、山本和弘訳『評伝 ヨーゼフ・ボイス』(1994・美術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボイス
〘名〙 (voice)
① 声、音声。「ハスキーボイス」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「女は其ウボイス〔声〕で判断するに、どうやらお豊の様であるが」
② 文法で、動詞の態。「パッシブボイス(受動態)」「アクティブボイス(能動態)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボイス(voice)
声。音声。
文法で、動詞の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボイスの関連情報

関連キーワード

帰山教正ヴェナイト内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国アフマートワグリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation