@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボイルの法則【ボイルのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボイルの法則
ボイルのほうそく
Boyle's law
一定温度では気体圧力 p と比体積 v は反比例するという法則 ( pv=一定 ) 。 R.ボイル (1662) および E.マリオット (76) により発見されたので,マリオットの法則,またはボイル=マリオットの法則ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボイル‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ボイルの法則】
一定温度における気体の体積は、その圧力に反比例するという法則。1660年にボイルが発見。1676年にE=マリオットが独立して再発見したため、マリオットの法則ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ボイルの法則【Boyle's law】
一定温度のもとでは,気体の体積と圧力は反比例する.別名を,マリオットの法則*,あるいは,ボイル‐マリオットの法則*と呼ぶのは,ロバート・ボイルが1660年に実験的に見いだしたのとは独立に,フランスのマリオットが1676年に報告したためである.そのためかフランスでは現在でもマリオットの法則*と記してある例が多い.

なお,理想気体においては厳密に成立するが,実在気体についてはずれが生じてくる.これは実在気体には分子に大きさがあることと分子間相互作用が無視できなくなる場合があるためである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼいるのほうそく【ボイルの法則】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボイルの法則
ぼいるのほうそく
Boyle's law

「一定温度のもとで希薄な気体の体積Vは圧力Pに反比例する」、つまりPV=一定 であるという法則。1662年イギリスのR・ボイルの発見になる。実際の気体は圧力が大きいとこの法則からずれてきて、pvは圧力の関数として変化するのだが、低圧下では圧力によらなくなって、ボイルの法則どおりの変化を示す温度が現れる。この温度のことを「ボイル温度」という。

[山崎 昶]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボイル の 法則(ほうそく)
一定温度では気体の体積と圧力は反比例するという法則。一六六二年イギリスのボイルが実験から発見した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ボイルの法則
ボイルノホウソク
Boyle's law

温度一定のもとでは,一定質量の気体の体積はその圧力に反比例するという法則.1662年にR. Boyle(ボイル)によって見いだされた.[別用語参照]ボイル-シャルルの法則

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイルの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボイルの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation