@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボイル油【ボイルゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボイル油
ボイルゆ
boiled oil
乾性油乾燥剤を加えて加熱し乾燥性を改良した。加熱温度や乾燥剤などの違いによって各種のボイル油が製造されている。原料亜麻仁油,えの油,麻実油きり油大豆油などの乾性油で,ペイント,温床紙,防水布などの製造に利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボイル‐ゆ【ボイル油】
乾性油の亜麻仁油(あまにゆ)大豆油などに乾燥剤を加えて煮沸し、乾燥性を高めた油。ペイント・印刷インクなどに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボイルゆ【ボイル油 boiled oil】
乾性油または半乾性油に乾燥剤を添加し,空気吹込み,加熱処理を行って,油性塗料用の油脂として乾燥性を高め,乾燥所要時間を短くしたものをいう。乾性油などは不飽和度の高い脂肪酸を多く含み薄膜状にして空気中に置くと乾燥皮膜を生ずるが,乾燥所要時間をさらに早くして実用上便利なものにするためこの処理を行う。使用油脂はアマニ油荏油(えのあぶら),麻実油,サフラワー油,ダイズ油など。また,乾燥剤としてはマンガンコバルトなどの酸化物,および金属セッケン,ナフテン酸セッケンなどで,使用量は0.1~0.5%。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボイル油
ぼいるゆ
boiled oil

乾性油を加熱しながら空気を吹き込み、乾燥剤を添加して適当な粘度と乾燥性とをもつように酸化させたもの。塗料原料となる。乾性油を薄層にして大気中に放置すれば、乾燥に数日を要する。しかしこれを加工してボイル油にすれば、乾燥時間は数分の1に短縮される。原料油としてはあまに油を単独、あるいは大豆油(ゆ)などを他乾性油と混合して使用する。乾燥剤としては、鉛、コバルト、マンガンなどの酸化物、脂肪酸塩あるいは樹脂酸塩を用いる。原料乾性油を徐々に加熱して130℃になし、油中の水分を除去する。ついで温度を100℃程度に設定し、0.1~0.2%のあまに油脂肪酸マンガンなどを添加し、空気を吹き込む。吹込み時間が短い場合には色調が悪く粘度は低く、長い場合には色調は淡くなるが粘度は適切でなくなる。一般に吹込み時間は10時間程度。不飽和度の高い脂肪酸を含む油ほど色調は悪いが、吹込み空気により酸化漂白され、原料油よりも色調は淡くなる。原料乾性油の酸化により、比重、粘度、酸価は上昇するが、ヨウ素価は低くなる。濾過(ろか)してボイル油製品とする。なお、スタンド油は、原料乾性油を空気を遮断して加熱重合させたものである。

[福住一雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボイル‐ゆ【ボイル油】
〘名〙 (boiled oil から) 亜麻尼油や荏油(えのあぶら)などの乾性油に金属酸化物を混ぜて煮沸し、さらに乾性を増した油。ペンキ、油絵の具などの溶剤に用いる。
※神戸又新日報‐明治二〇年(1887)七月一五日「ターペンタイン及ボヲイル油」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ボイル油
ボイルユ
boiled oil

あまに油きり油魚油などの乾性油のこと.半乾性油またはそれらの混合油に,触媒として鉛,マンガン,コバルトの酸化物を加えて,120~150 ℃ で空気を吹き込みながら酸化重合させた油.ボイル油が乾燥して生じる皮膜を利用したものが油ペイント油ワニスなどの油性塗料である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイル油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボイル油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation