@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボス
boss
非公式な形で実質的な権力と影響力を有している人間をいう。たとえば,特定の集団や地域社会において隠然たる勢力をもって人々の動向を支配し,また世論を左右する人間がボスである。日本では,親方親分,黒幕的人物,大御所などと呼ばれている人間である。また,アメリカの政界では,ボスは公職の候補者指名や選挙運動に影響を与え,官職の情実的任免に介入し,政治資金網を動かすなど,非常に重大な政治的機能を演じている。そして歴代大統領の背後には常にこのようなボスが存在したといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボス(boss)
親分。親玉。顔役。「政界のボス
組織・部署の長。上司。「うちのボス
車輪などで、軸の取り付けを補強するための円筒形の軸心部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボス(Voss)
ノルウェー南西部の町。バングス湖に面する。オスロベルゲンからのフィヨルド観光の中継地点にあたる。スキーリゾートとしても知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ボス
サントリーホールディングス株式会社が販売するコーヒー飲料のブランド。1992年発売。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボス【Abraham Bosse】
1602‐76
フランスの版画家,出版者。トゥールに生まれパリに没する。1629年ころパリでJ.カロに出会い技法のうえで影響を受ける。複製版画,創作版画を手がけ,その主題は宗教,科学,歴史,肖像などに及び,当時の社会風俗をよく伝えている。後半,これまでの版画技法を網羅し後世の版画論の規範となった《銅版画法》(1645)や絵画・建築論等多岐にわたる作を出版。挿絵も描いている。【小池 寿子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボス【Hieronymus(Jheronimus) Bosch】
1450ころ‐1516
ネーデルラントの画家。ボッシュ,ボッスともいう。彼の本名はイェルーン・ファン・アーケンJeroen van Akenだが,彼は名をラテン語化し,は出身地ス・ヘルトーヘンボスの一部をとり,署名とした。ス・ヘルトーヘンボスで,画家ファン・アーケンA.van Akenの第3子として生まれる。1486‐87年ころシント・ヤン大聖堂の〈聖母マリア兄弟会〉(聖職者と平信徒によって構成され,ス・ヘルトーヘンボス市の宗教ならびに文化活動に貢献する団体)の会員となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボス【Medard Boss】
1903‐90
スイスの精神科医,精神分析医。チューリヒ大学医学部卒業。E.ブロイラーに師事。S.フロイトならびにユングから直接の影響を受ける。1950年前後からは哲学者ハイデッガー親交を結ぶにいたる。彼は《存在と時間》にはじまるハイデッガーの思想が,従来の医学界において支配的であった機械論的・心身二元論的人間観を克服し人間理解への新しい地平を開いたと考え,ハイデッガーの思想を精神医学的な人間理解に忠実に適用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼす【ボス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ボス【boss】
親分。親方。顔役。 暗黒街の-
組織・派閥・党などの長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボス【Hieronymus Bosch】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボス【Medard Boss】
1903~1990 スイスの精神科医。ハイデッガーの現存在分析論を精神医学に導入し、機械論的人間観を克服しようとした。著「夢―その現存在分析」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ボス
生年月日:1780年2月2日
オランダ東インド総督(在任1830〜33)
1844年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボス
生年月日:1903年10月4日
スイスの精神医学者
1990年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボス
〘名〙 (boss)
① 集団の上に立って実権を握っている人。長。かしら。顔役。上司。特に、やくざの親分や犯罪者の首領。また、政界の実力者。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉加州雑記「元はドクトルが住んでゐたとかいふ、今は人夫取締(ボス)の住家だと後に知れた」
② 車両、ハンドル、車などの軸がはまる穴を補強、固定するために取りつけた縁(ふち)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ボス
岩株

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation