@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボナンパク【ぼなんぱく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボナンパク
ぼなんぱく
Bonampak

メキシコ南部、チアパス州ラカンハ川流域にある小規模な祭祀(さいし)センター。マヤ文化古典期後期(600~900)に、おそらく30キロメートル北方のヤシュチランからの政治支配を受けながら機能していたらしい。この遺跡の一大特色は、1946年ジャイルズ・ヒーリによって発見された、小神殿の三つの部屋の壁に描かれた彩色画であり、儀式、生贄(いけにえ)を捕らえるための襲撃、奏楽、踊りなどの光景が迫力あるスタイルで表現されている。ワシントンのカーネギー研究所がこの壁画の調査を行った。現地の絵の保存状態は悪いが、メキシコ市の国立人類学博物館庭園に、神殿と3室の壁画が完全に復原されている。

[増田義郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボナンパク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボナンパクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation