@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボニファチウス2世【ボニファチウスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボニファチウス2世
ボニファチウスにせい
Bonifatius II
[生]?. ローマ
[没]532.10.17. ローマ
ローマ出身の第55代教皇在位 530~532)。ゴート人家系で,初のゲルマン人(→ゲルマン民族)教皇。教皇フェリクス4世(3世。在位 526~530)は,助祭長(→助祭)だったボニファチウス2世を後継者に指名したが,ローマの聖職者の大多数は東ゴート統治を恐れ,アレクサンドリアの助祭ディオスクルス対立教皇。在位 530.9.~10.)を選任した。530年9月,両教皇が登位して教会は分裂したが,この状態は翌 10月のディオスクルスの突然の死により終結した。オランジュ第2教会会議(529)の,神を求める人間の意志の力を異端的に信仰する半ペラギウス説を糾弾した教令を承認した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボニファチウス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボニファチウス2世の関連情報

関連キーワード

金官国古画品録ニカの乱任那(みまな)ユスティニアヌス(1世)認定こども園患者等搬送事業05年の台風14号災害劉勰加羅

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation