@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボニファティウス(8世)【ぼにふぁてぃうす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボニファティウス(8世)
ぼにふぁてぃうす
Bonifatius
(1235ころ―1303)
中世末期の代表的ローマ教皇(在位1294~1303)。イタリアの名門ガエタニ家に生まれる。前名Benedetto Gaetani。ボローニャ大学でローマ法および教会法を修めたのち、教皇庁に入って枢機卿(すうききょう)となり、とくに外交面で活躍。教皇に選出されたあとは、教会法の編纂(へんさん)を命じ、また法学的知識を駆使して教皇権の拡大に努めたが、激しい性格と権力志向の強さのために、その在位期は激しい闘争に彩られた。とくに、フランス王フィリップ4世(美王)との争いは教皇を破局に追い込んだ。中央集権化を推進していたフィリップが、戦費調達のために聖職者への課税策をとったのに対し、教皇は教令「クレリキス・ライコス」(1296)、「アウスクルタ・フィリ」(1301)および「ウナム・サンクタム」(1302)を発して、王権の教会への関与を非難し、教皇権こそが世界を主導するべきものと主張した。王権側はローマ法学者ギヨーム・ド・ノガレを擁してこれに対抗、ローマの大貴族コロンナ家と結んで1303年9月アナーニに教皇を急襲し、暴力に訴えて退位を迫った。精神的打撃を受けた教皇は1か月後にローマで死去した(アナーニ事件)。彼は、教皇を中心とするキリスト教世界の統一と平和という中世的理想を追求したが、国家権力の成長という時代の潮流に十分に対応しきれず、やがて教皇権はアビニョン時代を迎える。[梅津尚志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボニファティウス(8世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボニファティウス(8世)の関連情報

関連キーワード

消滅核種アンティオコス[7世]ゼノロジーALPSヒミコドラえもん厚木市アッタロス朝アンチオコス7世スキピオ・アエミリアヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation