@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボニファティウス[8世]【ボニファティウス】

世界大百科事典 第2版

ボニファティウス[8世]【Bonifatius VIII】
1234ころ‐1303
ローマ教皇。在位1294‐1303年。イタリアのアナーニに生まれ,トーディ,スポレトで学び,パリ,ローマで聖堂参事会を務め,1276年ローマ教皇庁に入る。81年には枢機卿助祭,91年には枢機卿司祭となり,教皇特使としてフランス,イタリアで活躍し,また教皇ケレスティヌス5世の退任には決定的な役割を果たした。94年の教皇就任以後,教皇権威の高揚,ヨーロッパの平和と聖地解放とを課題としたが,ジェノバベネチアとの和解調停に失敗し,アラゴンのフレデリクのシチリア王即位(1296)を阻止できず,またフランスのフィリップ4世(美王)とは激しく対立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボニファティウス[8世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボニファティウス[8世]の関連情報

関連キーワード

忽必烈忽必烈・忽比烈オオカミボニファチウス8世正史以東底引網漁業ゲイシル徳山駅周辺整備事業徳山駅周辺整備計画電離層

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation