@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボニファティウス

大辞林 第三版

ボニファティウス【Bonifatius】
675?~754 イギリス生まれのベネディクト修道会士。教皇の支持を得てフランク王国内の宣教を推進。「ドイツの使徒」といわれる。
(八世)1234頃~1303 教皇(在位1294~1303)。ローマ教皇権の絶対優位性を主張し積極的に世俗権力と争う。教会への課税に反対し、フランス王フィリップ四世に幽閉された。以後、教皇権の衰退が始まった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボニファティウス【Bonifatius】
680‐754
中世初期にドイツへのキリスト教伝道を行った司教。〈ドイツ人の使徒〉と呼ばれる。イングランドのデボンシャーのクレディトンに生まれ,7歳で修道院に入る。本名はウィンフリードWinfrid。716年フリースラントに伝道するが失敗して帰国,翌年ローマに向かい教皇グレゴリウス2世から異教伝道の許可とボニファティウス(善行をなす者)の名を与えられ,ヘッセンで活動し数千の受洗者を得る。722年第2回目のローマ訪問で司教座なしの司教に任命され,教皇の全面的支援を保証される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボニファティウス【Bonifatius】
?‐432
ローマ帝国末期の武将。423‐432年アフリカ軍司令官。ガラ・プラキディアに忠誠を尽くしていたが,427年おそらく対抗する有力将軍の策謀もあって一時的に彼女の不興を買い,宮廷へ召喚された。彼がこれを拒否すると征討軍が派遣され,429年第2次遠征隊はカルタゴとヒッポを占領。このアフリカでの内戦状態に乗じて,スペインにいたバンダルは同年アフリカへ渡ったが,史料が伝えるボニファティウスのバンダル招請は事実かどうか疑わしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボニファティウス
ぼにふぁてぃうす
Bonifatius
(675/680―754)
キリスト教の聖人。イギリス、ウェセックスに貴族の子として生まれる。本名Winfrith Boniface。長じてベネディクト会の修道者となる。初めフリースラント(オランダ、ドイツの北部)に赴き、伝道に尽くしていたが、さらにチューリンゲン、ザクセン、ヘッセンなどドイツの奥地に入り、ゲルマン人に対する布教に活躍した。しかし最後に、異教を捨てない狂暴な者たちの襲撃を受け、殉教を遂げた。フルダの修道院に葬られ、「ドイツ伝道の使徒」と崇(あが)められている。祝日は6月5日である。伝道に際して、彼が行ったゲルマン民族の神話と習俗の記録は、現在貴重な資料となっている。[植田重雄]
『池田敏雄著『教会の聖人たち 上巻』(1977/改訂増補版・1981・中央出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボニファティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボニファティウスの関連情報

関連キーワード

班田収授法サッファーフアブル・アッバースワジールチソンデツェン国債ふるさと納税と返礼品三富新田三富新田グループ補助金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation