@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボリス・ゴドゥノフ(オペラ)【ぼりすごどぅのふ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボリス・ゴドゥノフ(オペラ)
ぼりすごどぅのふ
Борис Годунов/Boris Godunov

ロシアの作曲家ムソルグスキーのプロローグと4幕からなるオペラ。1868年に完成したが、71年から72年にかけて改訂が行われた。プーシキンの戯曲とカラムジンの『ロシア国史』に基づいた作曲者自身の台本によるこの作品は、その演劇的題材とロシアの伝統的旋律の応用により、真にロシアを代表する国民オペラとして認められているだけでなく、ムソルグスキーが用いた独創的な作曲技法が後世に与えた影響もきわめて大きい。皇帝フョードルの死によって摂政(せっしょう)から帝位についたボリスは、ドミトリー皇子暗殺の罪にひとり悩むが、それを知った修道僧グリゴリーは死んだはずの皇子になりすまし、反乱軍を組織して国境に迫る。驚いたボリスは神に許しを請い、やがて苦悩から狂死する。このオペラには、作曲者の死後リムスキー・コルサコフらによって補筆・改訂された数種の版があり、上演に際しては細部が変更されることも珍しくない。原典版の全曲初演は1874年ペテルブルグで行われた。日本初演は1919年(大正8)ロシア歌劇団。日本人による初演は54年(昭和29)グルリット・オペラ協会。

[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリス・ゴドゥノフ(オペラ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボリス・ゴドゥノフ(オペラ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation