@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボリバル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボリバル
Bolívar, Simón
[生]1783.7.24. カラカス
[没]1830.12.17. サンタマルタ近郊
ラテンアメリカ独立運動の指導者。アンデス諸国解放の第一人者。ベネズエラの富裕なスペイン系クリオーリョ貴族の家に生れ,ヨーロッパに留学後,祖国解放を誓って帰国,1810年の革命フンタに参加し,11年カラカスで開かれた制憲会議においてベネズエラの独立宣言に活躍。 12年スペイン軍の反撃にあい,ヌエバグラナダ (現コロンビア,パナマ) のカルタヘナへ行き,そこでカルタヘナ宣言を発表。 13年カラカスを奪回したが,14年再びスペイン軍に敗れてジャマイカに亡命。 17年オリノコ川流域に根拠地を築き,19年戦術上最も大胆な作戦といわれ,寒気と風雨にさらされて多数の兵士が死んだアンデス越えを果し,ボヤカの戦いで大勝,同年 12月ヌエバグラナダの大統領および最高司令官となり,次いでベネズエラ,エクアドルを含む大コロンビア共和国樹立を宣言。 21年ベネズエラを解放,同年ククタの制憲会議後,大コロンビアの大統領に選出され,22年末エクアドルを解放。 J.サン=マルティンから指揮権を引継いでペルーに入り,24年同地に残る最後のスペイン軍をフニンおよびアヤクチョの戦いで撃破,25年にはボリビア共和国を樹立。 26年スペイン系新共和国間の連帯を目指すパナマ会議を開いたが,その後各国間の対立に悩まされ,またベネズエラの分離独立もあって,30年5月引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボリバル
〘名〙 (bolivar) ベネズエラの通貨単位の一つ。一〇〇センチモに等しい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリバル
(Simón Bolívar シモン━)⸨ボリーバル⸩ 南アメリカの革命家。コロンビア・ベネズエラ・エクアドルを独立に導き、大コロンビア共和国を建設、初代大統領となった。また、ペルー・ボリビアの独立を完成させた。(一七八三‐一八三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ボリバル

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリバル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボリバルの関連情報

関連キーワード

総合年表(アメリカ)キャベンディッシュ天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和クリム・ハーン国ボリーバルメリーランド州会議事堂

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation