@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボルジア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボルジア
Borgia, Cesare, Duc (duke) De Valentinois
[生]1475/1476. イタリア,ローマ?
[没]1507. スペイン,ビアナ近郊
イタリアの政治家。ロドリーゴ・ボルジア(のちのローマ教皇アレクサンデル6世)の息子。ボルジア家の出身。1492年バレンシア大司教,1493年枢機卿,1495年オルビエト総督。1497年の弟フアンの死に関与したとみられ,この頃から政治的野心をみせ始めた。1498年枢機卿の位から降りることを宣言,同年フランス王ルイ12世からリヨン近くのバレンティノア領を授けられ,以後バレンティノア公と呼ばれた。1499年ルイ12世のいとこでナバラ(ナバール)王の妹シャルロット・ダルベールと結婚。フランスの支援を確実としたのち中部イタリアの征服を目指してイモラ,フォルリ,リミニ,ペザロ,ウルビノを次々に手中に収め,1502年にロマーニャ公の地位についた。1503年父アレクサンデル6世が突然病死し,チェーザレ自身重い病に倒れると,後任教皇ユリウス2世によって逮捕され,ロマーニャ公の称号を剥奪された。ナポリに逃れたが再び逮捕されてスペインに流刑の身となり,再度脱出に成功してナバラ王国に身を寄せたが,1507年同地で戦死。権謀術数に富んだ波乱の生涯で,マキアベリがチェーザレの政治的力量をみて『君主論』を執筆したことは有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルジア
Borgia, Juan
[生]1477?
[没]1497.6.14.
ガンディア公。ロドリーゴ・ボルジア (のちのローマ教皇アレクサンデル6世 ) の息子。ボルジア家の出身。父が 1492年に教皇となると,その権威を背景にスペインのガンディア公となった。 97年ローマ貴族オルシニ家との戦いで教会軍総司令官をつとめたが敗北。父に愛され,要職を与えられたが,それをねたんだ兄チェーザレ (→ボルジア,C.) に暗殺されたとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルジア
Borgia, Lucrezia
[生]1480.4.18. ローマ
[没]1519.6.24. フェララ
フェララ公妃。ロドリーゴ・ボルジア (のちのローマ教皇アレクサンデル6世 ) の娘。ボルジア家の出身。 1493年ペーザロ伯ジョバンニ・スフォルツァと結婚したが,父教皇はアラゴンとの同盟が必要となったためこの結婚を破棄して,98年アラゴン家のビシェリエ公アルフォンソ (17歳) と再婚させた。だが兄のチェーザレ (→ボルジア,C.) が今度はフランスとの同盟が必要となって,1500年ビシェリエ公を暗殺。このためルクレツィアは 01年エステ家のフェララ公アルフォンソと結婚。 03年父である教皇の死後政争から離れ,フェララ公妃としてその知性美貌のゆえに多くの芸術家から敬愛された。その宮廷はイタリア・ルネサンス期の芸術の中心となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルジア
フランシスコ・デ・ボルハ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボルジア(Cesare Borgia)
[1475~1507]イタリア‐ルネサンス時代の専制君主枢機卿からロマーニャ公となり、権謀術数をもって支配領域を拡大したが、父教皇の死とともに失脚マキャベリの「君主論」に叙述される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ボルジア Borgia, François de
1850-1933 フランスの修道女。
1850年3月21日生まれ。明治10年(1877)プチジャン司教の要請で来日。岡山から熊本に転任し,玫瑰(まいかい)館(のちの天使園),玫瑰女学校(のちの熊本信愛女学院)を創立,児童福祉や女子教育につくした。昭和8年3月8日長崎で死去。82歳。ソーヌ-エ-ロワール県出身。本名はフィリベルト=マテー(Philiberte Mathey)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ボルジア【Cesare Borgia】
1475‐1507
ルネサンス・イタリアの政治家。アルバノ司教で枢機卿のロドリゴ・ボルジア(後の教皇アレクサンデル6世)の庶子。1482年教皇シクストゥス4世の首席秘書官を皮切りに,最初は聖職者の道を歩み始める。父の教皇就任後,92年バレンシア大司教,93年枢機卿となり,教皇最良の相談相手となる。94年シャルル8世がイタリアを簡単に制圧し,力をまざまざとみせつける。この時の政治体制,国際外交や戦争がイタリアと彼に一つの転換の必要を悟らせる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ボルジア
(Cesare Borgia チェザーレ━) イタリアの専制君主。枢機卿。教皇アレクサンデル六世の子。中部イタリアを経略、支配領域を拡大し、ロマーニャ公となった。一五〇三年父の死後追放された。(一四七五‐一五〇七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ボルジア

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルジア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボルジアの関連情報

関連キーワード

アントネロ・ダ・メッシナカクストン版日野勝光カボート(父子)アントネッロ・ダ・メッシーナポライウオロ[兄弟]自然林証誠寺狩野元信鷺ノ森別院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation