@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボルタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボルタ
Volta, Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio, Conte
[生]1745.2.18. コモ
[没]1827.3.5. コモ
イタリアの物理学者。コモ高等学校教授 (1774) ,パビア大学教授 (79) ,パドバ大学哲学部長 (1815) 。 1775年電気盆を,81年検電器を発明。 97年ガルバーニ電気が生物体に関係なく金属だけで電流が得られることを示した。これがきっかけで動物電気説を唱えるものとの論争が起ったが,1800年ボルタ電堆およびボルタ電池発明によってボルタの不動の勝利を得た。電位の単位ボルトは彼の名にちなんだもの。ほかにメタンガスの発見 (1778) でも知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボルタ(Alessandro Volta)
[1745~1827]イタリア物理学者静電気を研究し、電気盆蓄電器検電器などを考案ガルバーニ電気を検討し、接触電位差によることを発見。定常電流を得るボルタ電池を発明した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ボルタ
アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場するヒューマノイド型異星人種属。ガンマ宇宙域の支配国家ドミニオンに属する種属で、戦闘種族のジェムハダーを統率する。代表的な登場キャラクターとしてウェイユンなどがいる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボルタ【Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta】
1745‐1827
イタリアの物理学者。コモの生れ。少年時代に読んだルクレティウスの《事物本性について》に感銘を受けて化学や電気学に関心をもつようになり,18歳から電気の研究に取り組み,一方,フランスのJ.A.ノレなどとの文通によっても多くの知識を得た。彼の最初の研究成果は,1769年トリノの物理学教授をしていたG.ベッカリーアあての手紙の中で述べられている。そこにはすでに電気盆の着想がみられるが,この装置についてはその後の75年のJ.プリーストリーあての手紙の中で,エレットロフォロ・ペルペトゥオ(いつまでも電気を担っているものの意味)の名で完成が述べられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼるた【ボルタ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボルタ
ぼるた
Count Alessandro Volta
(1745―1827)

イタリアの物理学者。イタリア北部のコモに生まれる。同地の王立学院を卒業し、1774年にそこの物理学教授、5年後にはパビア大学の自然哲学教授になった。さらに1815年パドバ大学に迎えられその理学部長を兼務した。

 初め詩や散文など文学に深い関心をもっていたが、ルクレティウスの『物の本質について』を読んで感銘を受け、自然探究への志を強くした。18歳ごろから静電気学の研究に進み、当時この分野の権威であったノレJean-Antoine Nollet(1700―1770)やベッカリーアGiambatista Beccaria(1716―1781)に文通を通じて指導と多くの示唆を受けた。1769年、最初の論文「電気火の引力について」をベッカリーアへの手紙の形で発表した。以後、空中電気の測定を含め静電気の研究を進め、電気盆、蓄電器、検電器など一連の電気機器を考案した。また、同じころに沼気(メタン)の研究などの気学の研究も行っている。

 イタリアの解剖学者ガルバーニが有名な「カエルの実験」によって動物の体内に電気発生の機構が存在すると結論し、10年に及ぶその研究結果を1791年に発表すると、ボルタはただちにこの問題に取り組んだ。初めガルバーニの説を受け入れていたが、追試などの検討を経て、やがてそれを否定し、異種の金属の接触自体に電気発生の原因を求めた。動物電気論者との論争を行いつつ、1794年から1797年にかけて、彼は自分の考案した精密な検電器を使って種々の異種金属間の接触によって生じる電気量を測定し、金属の電気列(電気化学列)をみいだし、接触電位差の考えに到達した。こうして1799年に、銅板と亜鉛板の間に湿った布を挟んだものを何十組も重ねて有名な「ボルタの電堆(でんたい)」をつくり、さらに銅と亜鉛を希硫酸溶液に浸した電池を発明し、翌1800年それをイギリスの王立協会に報告した。この発明は、持続的な定常電流の獲得を可能にすることによって、その後の電磁気学や電気化学の発展を招来する画期となった。1801年、ボルタはアカデミー・フランセーズの大集会でナポレオンを前にして電気実験を供覧した。このときナポレオンは彼に金メダルと勲章を贈り、のちに伯爵の称号を与えた。彼は王立協会からその会員に推挙されるとともにコプリ・メダルを受け、フランス政府からはレジオン・ドヌール勲章を贈られるなど数々の栄誉のうちに、1827年3月5日に郷里のコモで没した。

[井上隆義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボルタ
(Count Alessandro Volta コント=アレッサンドロ━) イタリアの物理学者。電気学の始祖。ボルタの電池を発明。電圧単位のボルトは彼の名にちなむ。(一七四五‐一八二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ボルタ
ボルタ
Volta, Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio

イタリアの物理学者.コモ王立学院卒業後に静電気の研究をはじめ,1769年には“電気火の引力”を出版した.1775年母校の物理学教授となり,電気盆を考案し,また沼気(メタン)の研究を行った.1779年パビア大学の物理学教授となる(~1819年).1782年に,論文“もっとも弱い人工的または自然的電気をもきわめて感知しやすくする方法について”をイギリスのロイヤル・ソサエティで発表,また1787年には微量の電気を検出できる麦ワラ験電器を発明し,1791年にロイヤル・ソサエティ会員となるなど,静電気学研究で評価を受けた.1791年L. Galvani(ガルバーニ)による実験を知り,かれの動物電気説を批判して,異なる金属による接触から電気が発生する説(接触説)を唱えた.これらの成果は“異種導体の単なる接触によって起こされる電気について”と題して,イギリスのロイヤル・ソサエティで朗読された.1801年Napoléonに招かれ,一連の発明をフランス人科学者らの前で報告するなど,英仏の科学者と活発な交流を行った.1816年に著作集全5巻を刊行.1827年にコモで死去した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボルタの関連情報

関連キーワード

判形フィロポイメンYS-11(わいえすいちいち)酸素クルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation